自然とのふれあいの中にある[テクノロジーの本質]

テクノロジーとは?人間の力を補ってくれる便利なもの、しくみ。でもそれだけではありません。テクノロジーは、人間がつくり、使うものです。人間は自然の一部です。人間は、自然とのふれあい、かかわり、共に生きる存在です。テクノロジーの本質もそこにあります。「わけへだて」はせずに「自然とふれあい」から考えることがいちばん大切です。

We are nature-made.

心得のメソッドとは

道元『典座教訓』は、料理の心得を説きます。「食材を料理するのではない。じぶんが食材である。宇宙と一体のじぶんを料理するのである。」そのような気持ちになりきって働くこと。

「心得」とか「心がけ」ということばがありますが、心に得るとか、心にかけることは、頭の中ではできません。身をもって、心をこめる「ふるまい」が必要です。

Act.You’ll realize something。(ふるまえは、何かがなされる)

Less is more.

どれぐらい多いかの、量を表すことば。

How do you always sleep so much? 何でいつも、そんなに寝られるのかい?

I don’t think it’s that much. そんなでもないよ。

That was so much just for the warm-up. 準備体操はそれぐらいで十分。

I’m already exhausted. もう疲れました。