Empathemian『たなと』Moomin Valley

ひとりになりたい。ひとりはさみしい。

あいだみつをさんのことばから。
「子どもも大きくなるにつれて、ひとりになって気持ちを安めたり、思索をしたりする時間や空間が必要であろう。くつろぐこと以外にも、希望、反省、計画、さまざまなことに思いをめぐらしながら、ひとり静かに自分と対話する時が欲しい。子どもでなくたって誰でもひとりになりたい時がある。

しかし、しかしだ。必要ならばいつでも、話し合いや相談にのってくれる友人や家族がいなければ、そう容易に希望など抱けるものではない、素直に反省もできるものではない。「孤独」になることは、時に必要である。あるいはしばしば必要になることもあるだろう。しかし「孤立」はいけない。信じられる家族を失ったり、共感し合える友人が得られなかったら、ヒトであっても「人間」ではなくなってしまう。「人」という字は、互いに寄りかかり合い支え合って形をつくっている。そして人は人の「間」にいて、はじめて「人間」になる。人はひとりでは生きていくことはできない。

「ありがとう」と「どういたしまして」の繰り返しが、人間の生涯である。

そういう人が持っている「ひとり」の時間に、豊かな意味がある。」

静かにひとりで「ふりかえる」時間の力。その力を借りて、ふだん刻々と過ぎ去る体験を、味わい、かみしめ、自覚に高めることができる。それはひとりでないとできない。だから、ひとりになることは、時にさみしいけれども、それが「共感」の力を引き出すに糧になるということなのですね。

じぶんの代わりには、だれも生きられない。
みんなが、おなじように、ひとりのじぶん。

出典:あいだみつを『育てたように子は育つ』