英プラでプラクティスの方法と習慣を身につけよう!

— 心技体 3つの軸で支えられ、英語のセンスが、具体的に身につく —
心技体イラスト3

① 体 -「じぶんで使う」思いと姿勢の作法

ことばとは、声でアウトプットして身につけるもの

ことばを身につける原点は、声に出す身体行為です。
スポーツや演奏とおなじように、身体を使ってアウトプットすることです。
アウトプットの回数と姿勢づくりが土台になります。

英プラは、ただ単に「声に出す」だけではありません。
「じぶんで使うセリフ」をくりかえし、ふりかえることで、相手に語るつもりになる「思いと姿勢」の作法も身につけるのです。

 

本当に使うつもりになれる「プラクティス」

 

英プラは、使うつもりの「ひと息のセリフ」を単位として、プラクティスの場をつくります。
じぶんの声をエンパシームにいれ、じぶん自身の変化(上達)を実感することが、英語のプラクティスの習慣を支えます。
「そのつもりになること」と「じぶんの変化を自覚できること」が、すべての学習者にとっていちばん大事な土台です。

英語学習の本質①

英語学習の本質:声に出してアウトプット

英プラで基礎をつくる

(1)いつでもおなじように、セリフを声にする姿勢をつくる

(2)セリフごとに、数秒で残し、数秒でふりかえる

(3)その出し入れ回数を、あなたの手持ち時間で最大化する

英プラをはじめる

英語学習の本質:声に出してアウトプット

② - 技 英語の「リズムと音」

じぶんで「ちがい」に気づける

ネイティブ音声をいくらたくさん聞いても、それだけでは身にはつきません。

じぶん自身の発話が、英語の手本と比べて具体的にどうちがうのか、その「ちがい」に気づき、くりかえしプラクティスすることで、身につくのです。

しかし、じぶんでは気づかない「ちがい」を、どうしたら気づけるのか。
一見、矛盾するこの課題を、英プラは、本人の声を使ったコンテンツにより、ピンポイントにフィードバックを提供することによって解決します。

「リズムと音」のプラクティスそのものを身につける

日本語を母語とする、英語学習者に共通する特徴。
エンパシームはそれを目と耳で気づけるように捉えます。
そして統計的に最も頻度が高く、インパクトの大きい「ちがい」から順にプラクティスします。

 

英プラは、使うつもりの「ひと息のセリフ」を単位として、プラクティスの場をつくります。
じぶんの声をエンパシームにいれ、じぶん自身の変化(上達)を実感することが、英語のプラクティスの習慣を支えます。
「そのつもりになること」と「じぶんの変化を自覚できること」が、すべての学習者にとっていちばん大事な土台です。

英語学習の本質②

手本とじぶんのちがいに気づくために

英プラで基礎をつくる

「リズムと音」をじぶんで発話できるようになると、英語が聞こえるようになります。
それとともに、ことばの使い方(語いと文法)をもっと楽に、かつ効果的に身につけられるようになります。

英プラをはじめる

手本とじぶんのちがいに気づくために

③ - 心 使えるセリフの「つながり」

本当のボキャブラリーをつくる

英単語に対応する日本語を何千と暗記しても、それだけではほとんど役には立ちません。
ボキャブラリーとは、バラバラの単語レベルではなく、リズムと音を伴った、セリフレベルのつながりの数です。
英語力とは、じぶんで使えることばのネットワークをつくることなのです。

英プラは、対話形式の「ひと息の声セリフ」をSeedと呼び、それを何通りにも組みあわせるプラクティスを活用します。じぶんのことばがタネ(Seed)として育つように「セリフのつながり数」を増やしていきます。

「センスを磨く」具体的なプラクティス

英語を長年学び、単語や文法の知識があっても、英語を自在に使うのはたいへんと感じる人が圧倒的に多い理由。
それは、相手とふれあう「予行演習」の中で真のボキャブラリーを身につけるプラクティスが欠けていたからです。

英語を使う「心」を育んでいなかったともいえます。心とは、「センス」です。英プラでは、センスを磨く、その具体的な方法を提供します。

英語学習の本質③

じぶんが使えるセリフの「つながり」をつくる

じぶんの「声のセリフ(Seed)」のネットワークをつくる

英プラは、英語の「センスを磨く」とか「感覚を身につける」といった、目に見えない漠然としたイメージのままではなく、「Seedを組みあわせる」という具体的な方法で、プラクティスを明確にします。
ムダに覚える負担を減らし、膨大な時間をかけずに、ひとりでできるプラクティス。じぶんで使えるSeedの数とつながりが、さらなる上達の土台をつくります。

英プラをはじめる

じぶんが使えるセリフの「つながり」をつくる

英プラをはじめよう!

何か新しいことを始める時には、心身を馴染ませるのに、すこし時間がかかります。どんな運動にも、ウォームアップがいります。お風呂やプールに入る時に、いきなり飛び込んだりしませんね。

はじめ、よくわからなかったようなことが、慣れると、実はかんたんなことだった、ということがわかってきます。プラクティスの秘訣は、あれこれ考えすぎないことです。真面目に考えすぎることで、かえってハードルが高くなってしまう現実があります。

はじめる時に、考えすぎてふみ出せないハードルを少しでも下げる手助けになればと、1週間のオリエンテーションを準備しました。無料で参加できます。

英プラ コース選択

オリエンテーションは、英プラを知りたい人、使いたい人のための1週間のコースです。プラクティスの方法、作法に慣れ、英語のプラクティスが身についていく感触のはじめの一歩を味わってもらえるように工夫しました。

また、毎日のプラクティスのボリューム感や、進んでいくことでどんなことが身についていくのか、想像できるような内容になっています。

さらに、終了後、無料でフィードバックとアドバイスをお届けします。

英プラは、だれもが「英語のプラクティスを身につけられる」ことを心から願って、非営利の一般財団法人エンパシームファウンデーションが制作、運営する社会支援活動です。

お手本の配信も、プラクティスのためのストーリー配信(エンパレット)も、「わかちあう」心で制作されています。

はじめの自意識ハードルを下げるためにも、ぜひ、わかちあう気持ちで、参加してみてください。あなたのプラクティスでできるエンパシームを仲間にわかちあう気持ちで!

プラクティスが進んでいくと、あなたのエンパシームが仲間の支えになり、仲間そして誰かのエンパシームがあなたの支えになってくれることを実感できるときがきっとやってきます。

英プラを申し込むと?

これまでになかったユニークなアプローチに支えられ、充実感と、上達の実感を味わいながら歩めるプラクティス。

❸1日1枚英プラカード

エンパカード

1日1枚、100枚のテーマカード。手のひらサイズに集約されています。毎日プラクティスすることで、この100枚がひとつの路のようにつながっていきます。このプラクティスの路をトレイルと呼びます。

対話形式の2500のシードが、配信のお手本と、ツボ・miniプラと連動しています。毎日続けていく中で、小さなプラクティスが無理なくできるように工夫されています。

❹ 毎日届くお手本とツボ

エンパグラフ

ネイティブのお手本が、プランにそって毎日届きます。すべて、ひと息ごとのセリフです。この、1-2秒間で出力するセリフをシード(seed)と呼びます。シードのリズムをまね、声に出してプラクティスします。

お手本シードごとにツボも届きます。声リズム・息づかい・身のこなしについて、ツボ💧。ことばの意味、表現について🌱ツボ。さらにプラクティスの秘訣やたのしみの☘️ツボ。いっしょにプラクティスするための短い動画miniプラも、その場ですぐに見られます。

❻ 設計されたプラクティス

シード・トレイル・コース

英プラは、プラクティスの自然な流れをつくれるように参加者を誘います。集中してプラクティスできる数秒単位の短い時間が連なっていくように工夫され、「あゐてにふすいま」、「みちゆくときよ」のプラクティスの流れをスムーズにつくります。エンパシームの流れにゆだねれば、充実しながら進んでいける路 – トレイルになっています。参加する皆さまごとにふさわしいプラクティスになるように、各種コースを準備しています。

英プラ トレイル

毎日一歩ずつ進むプラクティスの道のりを「トレイル」と名付けました。学習内容の道筋であると同時に、日々の習慣づくり、じぶん自身の変化、上達の軌跡という意味を込めています。

英プラトレイルマップ
トレイル構成詳細

じぶんの歩き方にあったコースを選択しましょう

1枚ずつ進むトレイル

3つのトレイルにわけた100枚のテーマカードを1枚ずつ進んでいきます。

「ゆっくり歩く」は、2日かけて1枚のカード。いちばん基本となるトレイル1を3ヶ月で進みます。

「しっかり歩く」は、毎日1枚のペース。トレイルごとに3周し、4ヶ月でトレイルをひとつ、1年で3つのトレイルを進みます。2500のシードをこのくり返しの中でしっかりと身につけていくオススメのコースです。

「きびきび歩く」も、毎日カード1枚のペース。毎日2種類のお手本、ツボが届きます。日曜日にもその週のお手本と新たなツボが届きます。トレイル1、2、3の100枚のカードをきびきびと4ヶ月で周るコースです。

英プラコース紹介
英プラコース月プラン
英プラコース週プラン

英プラをじっくり知ろう

英プラを詳しく知ろう (1) エンパシームで解決する英語学習の根本的な課題 

英プラは、従来見過ごされてきた本質的な課題を解決するために編み出されたメソッドです。課題とは「じぶんでアウトプットして、気づく習慣」をつくることです。それは努力目標と心構えだけでは克服できません。どんなプラクティスを、どのように、どれぐらいするのか。プラクティスの具体的な方法、しくみ、努力の全体像を明らかにします。

全文を読む

英プラを詳しく知ろう (2) 「習慣をつくるしくみ」と身につける「プラクティス設計」 

英プラの特徴は、習得すべき内容(教える立場の視点でつくられた教材)だけでなく、それを習得するためにかかる努力負荷、時間を捉えた全体プラン(学ぶ立場の課題を踏まえた教材)として念入りに設計されていることです。プラクティスの全要素(プラクティス手順、説明の形式、アプリ、カード、ガイド)統一し、コンパクトに編集しています。

全文を読む

英プラを詳しく知ろう (3) 目・耳・手・口で身につける「2秒単位の声の出し入れ」100万回

英語学習の本質は、じぶんで出力して「気づく習慣」をつくること。エンパシームはあなたに備わった力を引き出します。1日15分でも、セリフに含まれる音節の「入力と出力」を3000回。1年で100万回以上。セリフを単位として、リズム、音、ことばの意味、じぶんにとってのイメージを結びつけ、使えることばのネットワークをつくります。

全文を読む

英プラを詳しく知ろう (4) ちがいに気づく「ツボ」ときめ細やかな動画コンテンツ

英語には日本語にないリズムや音がたくさんあります。が、私たちは、意識せずに話せる日本語のリズムと音で英語を捉え、そのことに気づいていません。従って、手本とじぶんの発話を比べてみる必要があります。miniプラは、じぶんでちがいに気づくプラクティスの動画。また、あなたの音声を使ってフィードバックを提供する画期的な方法です。

全文を読む

英プラを詳しく知ろう (5) エンパシームデータをもとにピンポイントにフィードバック(言語と音声のサイエンス)

英プラは、脳神経科学、認知心理学・言語学、音声のデータサイエンスにもとづき、気づくとは?音を捉えるとは?ことばのつながりをつくるとは?といった本質から課題を克服するアプローチです。エンパシームを活用し、「じぶんでちがいに気づく」「ことばのつながりに気づく」プラクティスを土台にして英語を学ぶ方法をそのものを身につけます。

全文を読む

英プラを詳しく知ろう (6) 助ける・よりそう・共有する「プラットォームサービス」

よい習慣づくりは「じぶんのふるまいに気づける」こと。英プラは、テクノロジーをくみこんで、気づきやすい下地をつくり、じぶんの変化の過程を映し出します。また、プラクティスを支える力として周囲の力を活かします。伴走者がいると、走る練習がずっと楽になるうように、エンパシームがプラクティスに関わる人たちのつながりをつくります。

全文を読む