はじめるまでの流れ

  • null
    エンパシームアプリのダウンロード
  • null
    プラクティスの選択
  • null
    コース選択と参加申込み

❶ アプリをダウンロード

エンパシームは、人間の自然な身体行為の流れの中に「」をつくり、
それを日々のプラクティスに活かす発明特許メソッドです。

がんばろうとするのに、うまくいかない、続かない。
誰もが抱えている、この問題を克服するためにエンパシームは発明され、
メソッドとして使えるようになりました。

エンパシームをスマホアプリで無償で提供し、だれもが
「小さなをつくる・じぶんをふりかえる・人とわかちあう」
習慣づくりの環境とメソッドを提供します。

詳しく見る

 


上のアイコンからダウンロードできます。

❷❸ プラクティス選択と参加申し込み

エンパシームで「毎日のプラクティスを身につける」

ひと息の「」から、自然な流れ。プラクティスの「姿勢、声、場の空気」を後でふりかえり、ふるまいが持続する「路」をつくる。エンパシームをつかって、人と大切なことばをわかちあう。

毎プラ

じぶんを育てる「修養」

みちびく、ふりかえる、たしかめる。
静穏の間と姿勢をうつす鏡
習慣は小さなプラクティスのしくみ

詳しく見る

参加申し込み

コ・プラ

共にかかわる「おもい」を形に

みまもる、よりそう、わかちあう。
日々の糧をつくるプラクティス
人とじぶんを助けるコミュニティをつくる

詳しく見る

参加申し込み

public_mypra
フィロソフィープラクティス毎プラガイド

身につける ② Skin in the game

Put skin in the game.(身をもってする)

エサをじぶんで探さないリスがいたとしたら?
それではとても、Skin in the gameではありませんね。
もちろん、そんなリスはどこにもいないでしょう。

自然界では、あたりまえのことなのですが、
人間の頭の中は、もっと複雑なようです。

でも、説明はいりませんね。
身をもってすることと、そうではないことのちがい。
じぶんのこととして、親身になってするのと、そうではないことのちがい。

明らかなはずなのに、その説明はむずかしいですね。
いったい、何が、どうちがうのでしょう?

続き...
フィロソフィープラクティス毎プラガイド

身につける ① 真髄

身につける学びとは?

それは、プラクティスです。
プラクティスとは、身体を使った「実践、練習、習慣」。

本当に身につけるための、真髄とは?

それは、「痛み」です。
ケガや病気の痛みのことではありません。
じぶんでやってみて、失敗を受けとめることです。
「肌身で感じて」深くしっかり身につけられるのです。

たとえば、英語の学習。

いちばん大切なことは、「英語を話す人」になることです。
話せないからこそ、話す人になったつもりで、やってみることなのです。

身をもってすること。
そのものに、なりきること。

続き...
アートプラクティス毎プラガイド

思い出すことはつくること

詩人・長田弘さんは、このように言います。

記憶は、過去のものでない。

それは、すでに過ぎ去ったもののことでなく、

むしろ過ぎ去らなかったもののことだ。

とどまるのが記憶であり、

じぶんのうちに確かにとどまって、

じぶんの現在の土壌となってきたものは、記憶だ。

記憶という土の中に種子を播いて、

季節のなかで手をかけてそだてることができなければ、

ことばはなかなか実らない。

じぶんの記憶をよく耕すこと。

その記憶の庭にそだってゆくものが、人生とよばれるものなのだと思う。

続き...