Empathemian 『ジル』

絵本『いつでも会える』の主人公、犬のシロは、大好きなミキちゃんと死に別れます。

飼い犬を失って悲しむ話ではなく、犬が飼い主をなくして悲しむのです。

悲しみにくれるシロを呼ぶ、なつかしい声がします。

空にいるよ。
いつでも会える。
いまも これからも。
ずっと かわらない。

シロは、ミキちゃんに会えました。こう語ります。

目をつむると、いつでもあえるんだ。
とおくて、ちかいとこにいたんだね。
まぶたのうらで
ぼくらはあのときのまま
いつでも会える

犬のかなしみが、人間のかなしみを語ります。
犬のよろこびが、人間のよろこびを語ります。

それは、犬の心と人間の心とが、つながっていたから。共に感じる世界で結ばれていたから。

私にも、犬とも、猫とも、共に暮らす日々がありました。
犬のジルとチビ。ネコは、トラ、コロ、ケロ、ミミ。猫二匹を交通事故で失いました。

『いつでも会える』に出会ったのは、それよりずっと後のことです。

犬の気持ちになって、じぶんによりそう、ということができるのですね。

相手の身になると、じぶんに寄り添える。

おなじテーマを題材にした、絵本からのエンパレットです。

「解決ではなく、克服する知恵[スーホの馬]」

「一度の実感で気づく「存在のありがたさ」」

「おくりものは共感体験」

出典・参照:菊田まりこ『いつでも会える』

菊田まりこ