人間と見分けのつかない外見をして、人間のまねをして考える機械。
それは人間ですか?ロボットですか?
では、人間の良心をもったロボットは、どうでしょう?

じつは、この話の本質は、人間かロボットかではありません。
そのことを示してくれるお話があります。

手塚治虫作『火の鳥・復活編』にでてくるロビタは、何でも人間の代わりに嫌な仕事をこなすスーパーロボットではありません。古めかしく、ぶかっこうで不器用な機械ロボット。でも、どこか人間らしさがあり、愛着を感じさせるロボットです。

ロビタは人間の心のわかるロボットなのです。 なぜかといえば、人間の記憶をもっているからです。
数百年の時間、地球と月を舞台に、複数のストーリーが展開していき、その経緯が次第に明らかになっていきます。

ロビタは、人工知能によって人間の心を「わかる」のではありません。直接的に、人間の心とふれあうことができるのです。
しかし、 ロボットなのに人間の良心をもっていたことが原因で、人間の気分を損ね、いのちを奪われることになってしまいました。

ロビタは人間の心のありようを映し出してくれる鏡のような存在です。

心の本質は、私と、私ではない存在(他者)との関係にあります。
他者とは、人間であれ、ロボットであれ、私とは、ちがう身体をもった存在です。

心によって想像することで、別々の存在同士が、通いあったり、響きあえる。
その一方では、 つながらず、通わずということも起こる。
私たちは、他者という鏡によって、心に気づく。

じぶんと他のじぶんが、つながっているということです。
別々の、おなじような存在だからこそ、共に生きているのですね。

心は、人間の身体の内側だけにあるのではなく、心の世界の中に包まれ、浸っているのです。

大森荘蔵さんは、こう言います。
「電車の向かいの席に座っている老人は、向かいの席にいる。私の心の中に腰掛けている老人はいない。「私の心の中」などはありはしない。私の「心」というものがあるとすれば、この「ここにいる私」と「そこに見える風景」がつくるこの全体的状況が「心」である以外にはない。」

We are life.
私たちの存在が心。

「じぶん・じかんプラクティス ②(哲学からのヒント)」

「包む世界全体が魂」

「AIって、こわいの?」

出典:手塚治虫『火の鳥・復活篇』、大森荘蔵『物と心』

「火の鳥」