Empathemian:『You’re not alone』

のびた:ねえ、AIって、ドラえもんよりすごいの?
ド:AIは、コンピュータだから計算はすごいよ。
の:人間にとって変わっちゃうの?
ド:どうして?
の:人間よりすごいんでしょ?
ド:人間よりすごいものしかないんじゃない?
の:どういうこと?
ド:人間は鳥のように飛べないし、魚のようにも泳げない。
 馬みたいに速く走れないし。鹿みたいなカッコいい角もない。
 みんな、ちがう存在。
の:でも、AIは、人間みたいに考えるんでしょ?
ド:そういうふうに、人間がつくっているものなんだよ。
の:じゃ、やっぱり人間のほうがエライの?
ド:エライもエラくないもないよ。のびちゃんは、目の前のテーブルよりエライのかい?
の:すこしエライんじゃないの?
ド:じゃ、あの山とのびちゃんは?
の:うーん。山は大きいからなぁ。
ド:なんで比べるんだっけ?みんな、ちがうものなのに。
の:でもさぁ、AIがなんでもやってくれたら楽だよね。
ド:そうかな?のびちゃんの代わりにおやつたべてくれるAIロボットがいたら?
の:あ、それはこまる。
ド:でしょ。のびちゃんの代わりに、ごはんをたべたり、おしっこしてくれても意味がない。
の:あーよかった。そんなのいないよね。
ド:AIだけじゃなくて、だれも代わりに生きてはくれないってこと。
の:ひとりぼっちか。なんだかさびしいね。
ド:そんなこともないよ。だって、みんなおなじじゃないか。
の:みんなおなじ?
ド:そう。みんなひとりひとりのじぶんを生きている、ってこと。みんなともだち。
の:そうか。そう考えると気が楽になるね。ぼくだけじゃないって。
ド:人間どうしだけじゃないよ。
 人間は人間にできることがあり、AIには、AIの得意なことがある。
の:だから、おたがいさまなんだね。
ド:どんな相手とも、おたがいさま。
の:それがAIなの?
ド:AIは、人間が考えてつくる「人工の知性」なんだから、いっしょにできればいいよね。
の:こわくないんだね。
ド:こわいという気持ちは人間の心。AIじゃなくて。
の:ドラえもんはこわくないの?
ド:ぼくにも、人間の心があるよ。
の:そうだよね!あ、それで、人間の心ってなんだっけ?
ド:なんでも、この宇宙に、たまたまいるおなじ存在だとおもえば、何もこわくないよ。
それどころか、うれしくなるよ。いっしょにいてくれて。
の:そうか、やさしい心ってことなんだね。

You’re not alone.

だれも、ひとりじゃない。

出典・参照:AIという概念に関するエンパレット

「じぶんで考えるヒント」

「じぶんのフレームをつくる・つかう」

「心はどこにあるの?」

「Artificial intelligence」