Empathemian, Sanborn County Park, California

There’s no living alone.(ひとりで生きるいのち、というものはない)

のびた:ねぇ、ドラえもん。ウィルスって生き物?
ドラえもん:いのちはあるか、って?
の:他の生き物にのりうつって、その力で増殖するんでしょ。
ド:そう。生きているように見えるよね。
の:生きてなかったら、死んでるの?それじゃ、ゾンビだよ。
ド:ウィルスは生命体だと主張する研究者もいるよ。
の:ただの物質なの?
ド:生き物はみんな、物質からできている。
の:何がちがうの?
ド:じぶんで、っていうところ。生命体の定義。

の:ウィルスってどれぐらいいるの?
ド:星の数よりはるかに多い。
の:じゃ、地球では圧倒的にいちばん多い生き物なわけね。
ド:そう。人間の体の中にだって何十種類もいるんだって。
の:細胞がウィルスを中にいれてウィルスを増やすんでしょ?
ド:そう。ウィルスが侵入して、細胞のしくみを利用するわけ。
の:細胞が中に入れてあげるの?
ド:望んでるわけじゃないと思うけど、ウィルスのホストファミリーになる。
の:だれかが突然中に入ってくると、我を忘れちゃうみたいなのかね。
ド:我を忘れてるかどうかわからないけど、一生懸命ウィルスをコピーしてあげる。
の:ウィルスって自分で増殖できないの?
ド:細胞の機能をつかって、増えるんだ。
の:道具を使って、じぶんで増えているってことじゃない?
ド:そういう見方もあるかもね。でもあくまで、ホストの細胞の力があってこそ。
の:細胞がのりうつられて、ウィルスになっているということでしょ?
ド:でも免疫力のほうが強くなってくると、もとにもどるんだよ。
の:ということはやっぱり、細胞がじぶんでウィルスを増やしていたってことじゃない?
ド:そういう状態を感染って呼ぶんだけど。
の:細胞が感染したんだから、感染している時はウィルス役だよね。
ド:なりきっているんだね、しばらく。

の:生きているってのは、だれが生きているの?
ド:いのちがある個体。いのちがあるから生きている。常識では。
の:なんとなく、変じゃない?生きているから、いのちなんでしょ。
ド:生きている、とは環境との相互作用があってじぶんで代謝すること。
の:ウィルスにとっては、細胞が環境なんでしょ。
ド:じぶんで代謝しないかわりに、他力で増えるスタイルともいえる。
の:じゃ、生きているんだね、共に。

Empathemian, Grinnell, Iowa

生命とは何か?という言い方をする時に忘れていることがあります。

「生きている」ということと、「生命体」という概念は、おなじではありません。
意味は同じようでも、捉え方、捉えている対象範囲がちがいます。

「生きている」とは、環境と相互にやりとりしていることです。
従って、「ひとりで生きている」ということはありえません。

生きている状態を個体ごとに捉えて生命体と呼びます。
それに対して、いのちは「みなが生きている」世界を踏まえたことばです。

いのちがあるから生きているのではありません。
生きていることが周り、つながりをふくめて、いのちなのです。

もちろん、人間がことばを使って考える世界において、そのように捉えられるということです。

ふだん私たちは、(生命体として)じぶんがいて、それが生きていると考えますね。
でも、本当は、生きているという現象(環境)があるから、「いのち」なのです。

・生命体:生きている個体

・生きている:周りも含めて起きている現象

・いのち=共に生きている

大和和尚さんは、こう言います。

「仏法に、共業ということばがあります。「きょうぎょう」ではなく、「ぐうごう」と読みます。業は(ごう)、サンスクリット語の「カルマ」の直訳で、行為という意味です。業とは、わたしがいのちとして存在しているということを、意味しています。地球上の存在のすべてが、行為をおこなっているのです。」

「共業とは、業を共にしている、ということ。お互いが関係しあい、助けあって、なりたっている。「おたがいさま」なのです。ふだん私たちは「じぶんと敵」という見方で生きています。でも、それは生命の本来のあり方ではありません。」

We all live together.(みな、共に生きている)

共業は、そのことを思い出させてくれることばです。

やさしい視点を持つことで、世界の見え方は変わります。
「やさしい」とは相手の方からみることです。
共感的な想像力が発揮されると、人はしぜんに、やさしくなります。

実はオウンゴール?

地球になる、サッカーボールになる。

じぶんがじぶんの相手になれば [ダーウィンとミミズ]

春花秋月これ心なり

出典・参照:大和和尚 『共業』

上の写真のリンクに共業についての短いお話を収録しています。