Empathemian『Create your own frame』

We break out of the box by stepping into shackles.(足かせをはめることで、現状を打ち破れる)

ヨナ・リーラーさんは、こう言います。

「人間の創造力は逆説的。制約の中にみずから入り込むことによって、自由な創造を獲得する。」

制約によって、概念的な視野を広げ、より創造的な心理的状態にむかう、という実験結果があります。(注1)

脳とは無限に近い可能性をもつ神経の集合体。
「何に注意を与えないか」という選択に、実は多くの時間とエネルギーを費しています。

「自由に考える」ことは、脳にとって楽な仕事ではないのですね。
あえて制約することで、脳の仕事が楽になるわけです。
もちろん、その制約は、創造の結果です。

制約とは、ある形式をもつことです。
制限のルールをもち、それをうまく利用する作法をもつことです。

芸術は、形式によって創造されるもの。
制限されることで、予想外の結びつきや組み合わせを編み出すこと。
17文字で構成される俳句は、その典型です。(注2)

形式を別のことばで言うと、フレーム(枠をきめること)です。

気づかぬうちにしばられているかもしれない考え方、習慣もフレーム。
また、人間の想像力を引き出してくれるのは、新しいフレーム。(注3)

創造とは、新しいフレームをつくること。

. どのように区切りをつけるか

. 区切ったものをどうつなげるか

. つないだものをどのように使うか


エンパシームは、短い時間に集中力を引き出す、あたらしいフレームです。
自然な流れの中に、制約をもうけることで、想像の力が発揮されるしくみ。

① 静かにすわる(ことで始まる)

② 穏やかになる(ひと筋の円をひとつ描くことで進む)

③ ほんの一瞬待つ(区切りができる)

④ ひとことを声にする(フレーズに区切って記録)

⑤ 流れをそこなわないよう(流れている間、意識的な入力がない)

⑥ 見守って終える(ことで、フローのまとまりができる)


周りの空気、姿勢、呼吸、声のことばでつくる、じぶん固有のフレーム。
シンプルで、ミニマルに、ひと時をフレームすることで、内省のプラクティスが身近なものになります。

⑦ だれでもじぶん固有のデータをつくり、ふりかえり、たしかめること。

⑧ それを共通形式でわかちあえること。

新しいフレームを使うことで、プラクティスをより深めることができます。


Use your frame. Follow the flow.(じぶんのフレームでできたフローを委ねよう)


出典・参照:Jonah Lehrer『Imagine』、『毎プラガイド』

(注1)「Need to create? Get a constraints』 (Wired.com)

(注2)たった17文字でも、濁音や半濁音などをいれて70種類あり、70の17乗(17回掛けあわせる)の組み合わせになります。天文学的な想像を絶する数です。

制約の力については、エンパレット「Less is More シリーズ」をごらんください。

「Less is more①少は多なり」

(注3)コンピュータの世界では、フレーム問題(コンピュータは、考える(計算する)ことに、どこからどこまでの枠がなく、無限に考えてしまう、という限界)が、よくひきあいに出されます。コンピュータには、じぶんというフレームがありません。でも、じつは、これはコンピュータの問題ではなく、人間の問題です。AIは、人間の英知(統計・確率・論理・推論など)をコンピュータに移し替えた、強力な道具です。人間が制約の中で、新しいフレームを考えだすことが望まれています。