Empathemian, Sunnyvale, California

英語にこんな言い方があります。何かを試した時。

It works!
 (思ったように、動いている。うまくいった。)
It’s not working.
 (動いていない。うまくいっていない。)

Work (ワーク)は、働くという動詞、仕事という名詞、だと教わるかもしれませんね。「はたらく」ということばは、「何かが動くこと」です。例えば、疲れていて、頭が回らない、という時なども、workしていない、はたらいていない、というふうに。

It works は、よく使われる平易な表現ですが、ひとつ、意外な効用があります。

それは、自分が何かをした時に、それを自分の成功・失敗を語るのではなくて、相手の視点で語っていることです。

I failed (失敗した)と言うのではなくて、It didn’t work (そちらがうまくいかなかった)のです。

「失敗」ということばは、あまり気分のよいものではないですね。そもそも、自分で「失敗」だと決めつける必要はありません。物事が、今回はworkしなかった、うまくいかなかった、ということ。また、何度でもトライできます。

気休め? はい、まず何よりも気を休めることです。

Keep trying. It may work.
 (続けてやってみよう。うまくいくかも。)

マヤ・アンジェロウさんは、こう言いました。

Nothing will work unless you do.
(じぶんでやってみないと「うまくいく」もない)

「変えられるのは、じぶんのいま。」

「いますれば、やり直せる (何度でも)」

「チャンスとバランス (3)」

「Life is an adventure」

出典・参照:Maya Angelou 『The Complete Poetry』

『英プラ』 トレイル 1 (24) Nothing will work unless you do. / It works.

Nothing will work unless you do.

Maya Angelou