Empatheme App

和尚さまへ

法然上人のお月さまみたいにつくってみました。エンパシームのアプリ、そこに映し出される、『あ』の時空です。

『あ』:あけた、空けた、ひらいた心。やわらぐ時。
エンパシームは、静かにすわり、落ち着く時だけに、はたらきます。

特別にそっと。中身をのぞいてみます。小さな数字は、作法のプログラムとセンサーの情報です。
ものとものとの間に働く引力によって生じる加速度。
止まりつづけよう、動きつづけようとする力によって生じる角速度。
回転によって働く遠心力。地球そのもの、大きな磁石の働きが、地磁気。

わずかな時間にも、刻々と宇宙の力が働いている。地球という星で暮らす私たちは、その力に支えられ、すべての物事と共に在る。

宇宙には、空気の力も含まれます。空気の分子がぶつかりあい、振動によってできる密度の変化、揺れが伝わる時の濃淡図。それが音。そして、わたしたちの声。

宇宙の力は目に見えないけれども、目にみえるもののなかに、その見えない力を感じることができる。

空気も電気も重力も、みな共にふるまっています!

そのような想像、小さな実感が持てると、科学の知識は、もっと活かせると思います。
テクノロジーも、宇宙の不思議な力のおかげですよね。人間の心から生まれてくるもの。いえ、心はその一部ですね。
科学の心も、哲学の心も、希いの心も、すべて人間が自然・宇宙とふれあうところにある。そのことをあじわい、たのしみ、共にあることを思い出したり、たどれるように、その希いをこめて、エンパシームのしくみをつくっています。

月かげの いたらぬ里は なけれども 眺むる人の心にぞすむ(法然上人)

出典:大和和尚との対話『月』、エンパシームのてびき「あゐてにふすいま」