エンパシーム [ あ ] の円相に、ひ・ふ・み

良寛(りょうかん)上人に、心月輪というエピソードがあります。

ある家を訪れた際、桶屋が大きな鍋ぶたを作っていました。
うまくいかず、壊そうとしたので、良寛さんはそれをもらって「心月輪」と書き、そこに置いていきました。
心月輪(しんがちりん)とは、月のように澄み切った心。清らかに輝く、悟りの境地を表します。

このような解説を見ると、そのような境地に達することは、現代社会に生きる人間には至難のことのように思われ、凡人俗人には無縁な話と決めつけていないでしょうか。

でも、月を見上げて、澄んだ心持ちがする、そのわずかなひと時が、誰にもまねのできない話のようには思えません。月のようなまるい形の板切れに、心が踊る気分になれない、ということでもなさそうです。

良寛さんが、鍋ぶたにひらめいて心月輪と書いたのと同じように、自然に何かひらめく瞬間がたくさんあるはずです。
ただ、そのような、わずかなひとときを大切にし、増やして、続けていくというプラクティスを、ほとんどしていない、ということなのでしょう。

では、どうしたらよいでしょうか?

ありがたいことに、私たちには、いろんな月を思い浮かべて、ひとつ、ふたつ、みっつとかぞえることができます。
ものごとを抽象して、かぞえられるという不思議な力が、私たちのだれにも備わっています。

つきてみよ ひふみよいむなや ここのとを
  十とをさめて またはじまるを

手まりをついてみなさい。一二三四五六七八九十で、十までついたらまた一から始めます。そうしたら、ずっと続いてきますよ。

ひ、ふ、み(一二三)

静かにすわって、ひ、ふ、み、とかぞえるだけの、わずかなじかんを持つだけです。

Count one, two, three.

「かぞえられる、という力を活かす」

「共感の心は、月かげ」

「水にうつる月のように」

出典・参照:『良寛全集』

良寛