Empathemian, Sunnyvale, California

ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー。

皿の上の果物を足すと、全部で何個ですか?

ちがう果物の実を「足す」の?ラズベリーの実はやわらかいので、半分にわれて数が増えたら?全部つぶしてミックスジュースにしたら?考えるのは自由です。小学校ですと、先生にまじめにやりなさいとか、テストだとバツをもらうか、ありそうですね。

考えてみると不思議です。なぜ、ちがうものを足すことができるのか?私たちは、視覚、触覚、味覚で、違いを知っています。その一方で、そういう小さいことは、いったん忘れて、つぶのような「もの」として、抽象化する能力も備わっています。学校では「小さいことは忘れて」答えよ、と言っていることになります。

スタニスラス・ドゥアンヌさんは言います。
人間には、持って生まれた「Number Sense」がある。視覚、嗅覚、聴覚、触覚のほかに「数覚」。

数と量に対する直感的感覚は、人に限らず動物も持っていると言います。ただ、人間は「多い・少ない」「速い・遅い」といった量的な感覚から、抽象度をあげ、まとまりを「もの」として数えるという能力を高めてきました。3つ連続して数えられたら、このままいけば、キリなくできる。つまり「無限」も直感的に感じられます。それはとても、高度です。

私たちは、いろいろなふうに工夫して、「かぞえられる」のです。この力を活かさない手はありません。

想像の数、記憶の数、共感の数、声ことばの数。

エンパシームも、声ことばのSeedも、エンパレットも、みな、数えられるひとつのまとまり、「単位」です。

1、2、3。数えられる力、それを活かそう。

Count anything.(なんでも数えてみよ)

「ひ、ふ、み。」

「かぞえるように生きると確実に変わる」

「いのちは時間」

出典・参照: Stanislas Dehaene 『The Number Sense: How the Mind Creates Mathematics』、スタニスラス・ドゥアンヌ『数覚とは何か?』 『意識と脳』

Stanislas Dehaene