Empathemian, Poppy, Pearson-Arastradero Open Preserve

Count your blessings.
 (これまでに受けた恩恵の数をかぞえてみよ。)

アートさんとエンロくんの会話から。

アート:大切なことばだなって、いつも、思うなぁ。
エンロ:文字どおり、本当に数えるように、ですね。
アート:そうだね。数えるって、じぶん自身でたしかめることだから。
エンロ:アクト(act)する。本当に演じるんですね、じぶんでしないと意味がないから。
アート:そう。そんなふうに、素直にできるかどうかが、すべて。
エンロ:大切だなとおもうことばを、声に出すことですね。
アート:そうそう。その気になれると、実感がわいてくるもの。
エンロ:ひとつひとつ、数えられるようにすることが、実感になるんですね。実感って、数えられること。
アート:頭の中で、言えばいつだって言える、っていう気になるけれど、それはぜんぜんちがうね。ちゃんと vocalize (ことばを声にする)こと。
エンロ:なんでも頭の中でできてしまうように思っていることが落とし穴なんでしょうね。
アート:そう。言ったつもり、やったつもり。だから、やらないまま。
エンロ:「つもり」でいると「つもり」にならない。ところが、実際にやってみると、「つもり」が本物になっちゃうわけですね。
アート:不思議といえば不思議。でも、かならず、できる。

There’s a difference between knowing the path and walking the path.
道を知っていることと、道を歩くことはちがう。

アート:knowing the pathというのは、知識、walking the pathは実践。でも、「実践」ということばになってしまうと、それもまた知識になっちゃう。
エンロ:「すればよい」という知識になってしまうのですね。
アート:そう。考え出したら、そうなっちゃうね。知識のおかげでわかることも多いけど、そのせいでやらなくなっちゃうことが問題。
エンロ:考える前に、身体でできるようにしむけることですね。
アート:そう。それで、気がついたらやっていた、できたていた、というふうになるのが、本当のプラクティスだよ。
エンロ:エンパシームはまさに、そのためのものです。しぜんに間あいができて、ひとつの流れになっている。
アート:そうだね。その流れに委ねればいい。アプリだけど、そういう、じぶん環境の一部に溶け込んじゃってるからね。
エンロ:プラクティスのトレイル(路)ができてくるんですね。あとは、その路を手入れすること。ミニマルな力で。

Count your empathemes every day.
 (エンパシームを、かぞえよう。)


出典:『英プラ』 トレイル 3 (98)Count your blessings. (100) You have made many empathemes.