Empathemian『エンパシームの作法』

ママ:のびちゃん!いつまでスマホやってるの!
のびた:スマホじゃないよ、チャットしてるんだ。
マ:いいかげんに宿題やりなさーい。
ドラえもん:みんながやってるんだから。やめろって言ってもムリ。
マ:ドラえもん!なんとかしてちょーだい。
ど:のびちゃん、大切なことをする時間がなくなっちゃうよ。あ、ほかに大切なことないのか。
の:だったら、「しない」スイッチってないの?
ど:のびちゃん自身の「心が変わらないかぎり。。
  じゃあ、「じぶんを手入れする」スイッチ。
の:何それ?
ど:自然に、気分をやわらげて、ゆっくりするんだ。
の:すると、どうなるの?
ど:毎日繰り返していると、身についてくる。
の:それで?
ど:ママにやめろと言われてもやめないよね。自分で
  大切なことをを想像できるようにするんだ。
の:大切なことって何?
ど:それは、のびちゃんしか知らないよ。
の:で、どうやってやるの?
ど: エンパシーム!
の:スマホじゃないの?
ど:スマホとしてじゃなくて、スマホの存在と、
その形とテクノロジーを活かして一緒に作法をする。
の:それで、何するの?
ど:静かにひとり坐って、気持ちをやわらげるだけ。
の:それから?
ど:エンパシームができて、エンパグラフに写る。
の:何だか、おもしろいそうだね。何も考えないでいいの?
ど:心をこめて、ゆっくりふるまえばいいんだよ。
の:ふるまうってどうするの?
ど:かんたんな作法に従ってやってみるだけ。
の:それだけでいいの?
ど:そうやって親しむことから。あとはエンパシーム
  がつながって、増えていくことを楽しむだけ。
の:ふーん。それでもうママには怒られないのかな。
ど:じぶんでじぶんに接して向きあえばいいんだよ。
  生きているのは、のびちゃん。

だれの代わりにも、生きられないんだよ。

でも、みんな、おなじ。


出典:『毎プラガイド』『英プラガイド』