Empathemian, 「エンパシームのパレット」

の:ねぇ、ドラえもん、ひらめく道具ない?
ど:あ、ダニエル・デネットさんが「ひらめきのポンプ」という本を書いているよ。
の:本なの?
ど:そういう比喩で人間の感性・知性を高める「思考の道具」の話をしているよ。
の:ぼくもそのポンプほしいな。
ど:うん、そこで紹介されているのは:

人間は、素手だけでは大した大工仕事はできないし、脳みそだけでは大した思考はできない。

ボー・ダールボムさんのことばを引用して、デネットさんは言います。

心に働きかけるようなツールがあったらいい。ちょうど、ことば、概念が人類の歴史をつくってきたように、思考実験とか直感ポンプとか、そういうものがあったら、もっと人間に備わった力を活かせるはず。

こういう話を聞いたことがあります。
バーテンダーが10人の注文を一度に受けても平気なのは、グラスを並べてその状況を利用するから。いわば、グラスの列といっしょに考えているということ。

道具は、使うものです。
でも、いっしょに考えてくれる「相手」なのですね。

エンパレットは、エンパシームをのせるパレット。エンパシームの道具です。先達のことばと、じぶんがつながるヒントに出あう「相手」になってくれるような、相手。絵の具パレットの上で、いろいろな色を混ぜるように、いろいろなことばやアイディアがまざり、つながるところ。いつも持ち運びできるパレットです。

だれもが、ひとときの間をつくること、素直なことばを紡ぎだすこと、そのためのエンパシーム。さらに、そのエンパシームで、ものごとのつながり、人と人とのめぐりあわせ、むすびつきや、わかちあいが、よりおきやすくするような道具。それが、エンパレットです。きょうの記事もまた、エンパシームを活かす道具としての、記事でありますように。

ところで、「記事」を意味する、英語のarticleということばには、「つなぐもの」という意味があります)

出典:ダニエル・デネット『Intuition Pump』