Empathemian『広沢の池にうつる月』

新渡戸稲造『修養』に、ある古歌が引用されています。

うつすとは 月も思はす
うつるとは 水も思はぬ 広沢の池

「月は水に映らんとして、映るのでない。水も月を映さんとして、流れておるのでない。流れておる間に、月が自然に映るのである。to beというのは、月が自然に水に映り、水が自然と月を宿すがごときことである。」

映そうとするのではなく、自然に映っている姿。
飾らず、構えず、素のままのじぶんの姿。
水にうつる月のように、そのままの姿でうつっているじぶんが、じぶんです。

それは、無理に、意識してつくったものではなく、自然の流れにあらわれたふるまいの中にあります。

修養とは、自然にあらわれ出たふだんの姿勢をふりかえることです。ですが、私たちは、しぜんの姿をふりかえることよりも、意図的に何かをしたことばかりに気がいくものです。達成したい目的のために手段を用い、その結果(達成率)を見ることが大切だと思っていますよね。

その理由は、これまでそうやって教えられてきたこともあるでしょう。また、実際、短期間でスキルを習得するには、意図的にやって結果をみる方法は有効です。でもその一方で、短期的な目的ではなく、よい姿勢を身につける「ゆるやかな方向性」をつくる修養の成果、進捗、習熟を測ってみる、という考え方は、これまで、あるようでありませんでした。そのような方法もなかったからです。人生、何をするにも、継続する力が必須条件であることは言うまでもありません。それなのに、意外にも私たちは、修養の大切さに無頓着でいるのかもしれません。

エンパシームは、まさにこの点にフォーカスして、修養の姿を映し出すものです。それは、何をしたかだけではなく、どのような姿勢であったかをいっしょに写します。意図的に、作為的にするのではなく、自然な流れで「間」ができる時の、その小さなふるまいを、あとでたどれるように残します。生活全部ではなく、1日のほんのわずかなじかんにあらわれる、しぜんな姿をふりかえり、たしかめること。


エンパグラフ「姿勢の鏡」

エンパグラフに写るものは、何をしたか、だけでなく、何をしなかったか、でもあります。それは「静かにすわり、何もしないで、心を落ち着ける」です。従来の「目的・手段・達成率」評価の考え方には、ふだんの心の姿勢は映りません。エンパシームは、池の水にうつる月のように、自然のまま映っているところを、そっと見せてくれる鏡です。そして、その鏡を見て、ふりかえるじぶんの声をひと息ごとに区切っておさめるカプセルです。

Like moonlight on water.

そのまま映ったじぶんをふりかえろう。


じぶんをふりかえることなしに、習慣を身につけることはできません。でも、アクティビティ・トラッキング(行動の記録を達成率で評価する)だけでは、じぶんの姿、じぶんの変化(ねがい)の方向をたしかめることにはならないのです。ふだんのじぶんがそこに映るようにして、それを写して、あとからたしかめることで、つづいている状態を大切にする場をもつことなのです。

「3歳の心にも、ことばは響く」へ


出典:新渡戸稲造 『修養』