Empathemian『Seed Your Deed』

Sow a seed.(タネをまけ)

英プラ、毎プラ、ともに、エンパシームの中にシード (Seed)をつくります。
あなたのプラクティスによってできるもの。
ひと息ごとの、2-3秒のセリフをシードと呼びます。

なぜ、Seedと呼ぶのでしょうか?

シードは、エンパシームの中に入った、あなた自身の声ことば。
シードは、あなたがつくるプラクティスの単位。
ひとつひとつが貴重なコンテンツに変わります。

エンパシームをつくることは、その中に、あなたのことばのタネをまくことです。
エンパシームメソッドは、そのタネを育てることで、じぶんに変化、上達、成長をもたらす方法です。

シードは、ひと息ごとの声を捉え、記録したデータです。
でも、ただ声を録音することではありません。

静かにすわって、流れに委ねて、身体から出した、ひと息の声セリフ。
それが、プラクティスの姿勢がうつる時間のカプセルになるのです。

プラクティスの証。
あとでふりかえるプラクティス。

聞き直すことで、気づきをうることができる、じぶん自身の声。
ものごとと、じぶんとのつながりをつくります。

Seed by Seed ② [声ことば、ひとつひとつが育つ]

出典・参照:以下のエンパレットなど

実生 [じぶんという種子]

種の中の種子が育つように

感情とは「感覚の意味づくり」のこと