「手入れする」プラクティス

プラクティスが続かないのは、空気抵抗や摩擦に似ています。ふだんは、それを無視していますが、何かを続けようとしている間に抵抗が生まれ、何かを思ったり、しようとするだけで、心に摩擦が起きます。これは仕方がないことなのです。が、放っておくと、続ける力は必ず衰えます。

私たちはふだん、「やればできるはず」「続ければいいでしょ」と思いがちですが、それだけでは、摩擦や抵抗を無視して、また補助や補給を考えないのに似ています。

歩いたり、体を動かすときは、水を補給しますね。行動には、補給がいります。
何かを考えるときも、紙に図を書いたりしますね。考えるには、補助がいります。

プラクティスもおなじです。何の補助、補給なしに、長続きはしません。どこかでかならず動けなくなってしまいます。自然の理なのです。

どうしたらよいでしょうか?

小さな手入れを、実際にすることです。プラクティスそのものを手入れすることなのです。そして、それが同時に「プラクティス」になります。

ほどよい補給と補助が不可欠

いちばんの補給は、他者のはげましです。後ろから、端からそっと見ていてくれるだけでよいのです。また、いちばんの、力になるのは、ひとことの声ことばです。声にすることばは、何度でもくりかえし、ふりかえることができるからです。そして、声そのものの力があります。それは一瞬のうちに身体の内外で響き、脳の中のニューロンのつながりを強くしてくれます。だから、じぶんから相手にむかって声をかけることも、じぶんへのエネルギー補給になるのです。

補助となる道具や方法、環境の助け。エンパシームは伴走者になり、鏡になり、環境になり、小さなプラクティスのしくみを支えます。習慣は、小さなプラクティスのしくみなのです。毎日の循環と、導いてくれる路。そしてその路を歩いた時に、ふりかえることのできる路。心身の体験、それをふりかえり、実感して、他者とのむすびつきになることで自覚にかわります。そのときに、知らないうちに、習慣ができているのです。

自分の力でなく、相手の力

いちばん大きな抵抗、頻度の高い摩擦は、自意識です。でも、自意識はなくなりません。悪いことでもなく、じぶんという存在、心の働きなのですから、じぶんではどうしようもありません。そして、自分の望み・自分の目的・自分の損得というふうに、自分が中心になるようにできています。

何か特別なことをするのではなく、自分中心を減らすだけ、働きを和らげるだけで、何かを持続する大きな力になります。

ただし、自意識を和らげてくれるのは、じぶんではありません。

それは、「相手」の力です。相手に委ねることです。身のまわりのもの、相手になってくれる力を借りるのです。身近なまわりのものに、心を向ける時、それが相手になります。じぶん自身の声やふるまいもまた、じぶんの相手になります。

そのように想像すれば、よいのです。そのつもりになる、そういう雰囲気をつくることです。相手と思ってみる間を、ひとつ、つくることです。
あとは、その小さな手入れが自然につながるように、補助を得て、補給をえて、毎日をあゆむことです。

「あゐてにふすいま」とは?

あゐてにふすいまという8つのエンパシームの流れで、ひとつ、間をつくることができれば、それをつなげていくことで、おのずと、それがしくみになっていきます。(自然界では、自己組織化といいますが、その力を借りるのです。)

「あゐてにふすいま」は、「相手に付す今」というひとつのことばでもあります。
「相手に付す、今」とは、相手に委ねる、今この時、という意味です。

1日1回、ほんのひととき、このことばそのものを取り出して、やってみると、必ず身につきます。ほんの少しでも、その気分になれればよいのです。

「相手に付す今」ということばを発するのに、2秒とかかりません。それは、1日の0.002%という、一瞬の時間です。
ひと息で言えることばひとつ。その一瞬の間の中に、プラクティスを持続し、あらゆる習慣づくりに共通のエッセンスを取り出すことができます。

あなたひとりではありません。だれもが、みな、おなじです。
「じぶんは、いつも相手と共にある」ということ。それは、人間に備わった力です。

ミニマルな力、時間と場。そこに、プラクティスを身につける秘密があるのです。

小さな間から「みちゆくときよ」へ

エンパシームメソッドは、まず、自然な流れで「あゐてにふすいま」という、小さな間(エンパシーム)をつくります。そして、エンパシームをくりかえし、ふりかえり、わかちあうことのできる循環「みちゆくときよ」をつくります。それがその人にとっての習慣となる一方、さらに、ひとりひとりのエンパシームの循環が、つながりあうことによって、、関わる人たちの間で助けあい、わかちあう路になるのです。つながり、広がる路を想像してみてください。それが私たちのエンパシームコミュニティです。