Empathemian『心の馬と』

私たちは、「問題」は解決すべきもの、だと習ってきました。問題に直面した時に、解決するための知識を探しにいきます。

でも、いくら知識を集めても、解決できないことがあります。

たとえば、「悲しみ」は、解決することはできません。死別・離別の悲しみは、解決するのではなくて、乗り越えるものです。克服するものです。

克服とは、悲しみの心を抱き、それでも、生きていくことのよろこびとありがたさが感じられるようになることです。

『スーホの白い馬』というモンゴル民話の絵本があります。

大切に育てた白馬を理不尽に奪われたスーホ。
体に矢を射られ、瀕死の状態で白馬は戻ってきたものの、翌日死んでしまいます。が、白馬は、悲しみにくれるスーホの夢に現れ、自分の体で楽器をつくるようにと、スーホに告げます。

この世のいのちはなくなったけれど、楽器になり、音色になって、スーホと共に生きます。

悲しみから生まれた白馬。

モリンホール「馬頭琴」と呼ばれる楽器と共に。
私たちは、人間であれ、馬であれ、ものであれ、「こころの世界」でも生きているのです。

解決できない世界だからこそ、克服するという知恵を、私たちは身につけることができるのです。

共にいるよ、というプラクティス。

出典:『スーホの白い馬』