Empathemian, 明徳寺・群馬県みなかみ町

長田弘『一日の終わりの詩集』の一節から。

黙る。そして、静けさを集める。
 こころの籠を、静けさで一杯にする。
 そうやって時間をきれいにする。
 独りでいることができなくてはできない。

静けさのなかには、
 ひとの語ることのできない意味がある。
 言葉をもたないものらが語る言葉がある。
 独りでいることができなくてはできない。

時間の速度をゆっくりにするのだ。
 考えるとは、ゆっくりした時間を
 いま、ここにつくりだす
ということだ。
 独りでいることができなくてはできない。

この世には、独りでいることができて、
 初めてできることがある。
ひとは、祈ることができるのだ。

あとがきにこうあります。
「人生ということばが、切実なことばとして感受されるようになって思い知ったことは、
瞬間でもない、永劫でもない、過去でもない、
一日がひとの人生をきざむもっとも大切な時の単位だ、ということだった。」

その一日という単位を、そのひと息ずつの小さな時間、
エンパシームにおさめ、ひとときの詩にうつすもの。エンパグラフが、毎日の路になります。


出典:長田弘『一日の終わりの詩集・空の下』