Empathemian『We’re not alone』

We are not alone.(わたしたちは、ひとりぼっちではない。みんなおなじ。)

「じぶんの代わりには、だれも生きてくれないけれど、じぶんひとりだけがポツンと生きているわけではない。時には、ポツンという気持ちになる時があるかもしれないけれども、その時だって、じぶんひとりではない。」

ある方から、こんなお便りをいただきました。

「そんなふうに、実感することができれば、とても生きやすくなりますね、今の世の中は、孤独に生きている方がふつうのような感じです。ひとり静かにする暇もなく、ひとりになれないのに、孤独。エンパシームを出すとすこし気持ちが和らいで、なんとなく生きやすさの力になってくれるようで、とてもありがたいものだと思います。」

エンパシームは、じぶんの修養を映し出すだけではありません。

人間に備わった力、共感 (Empathy)を引き出す共通単位、最小単位という意味あいをこめて、エンパシーム(Empatheme)と名づけられました。

ひとりひとりが、じぶんの[ いま ] を実感することで、ひととつながれるのです。
ひと時の[ いま ] の中身は、ひとそれぞれ違っていても、その大切さはおなじです。
「ひとり静かにすわり、ひと息の間をいれるという、小さな共通体験をもつことで、みんなおなじなんだということが実感できます。

エンパシームを通してつながる時、何か気の聞いたことばがでてこなくてもよいのです。
おなじように小さな[ いま ] を生きていることが、たしかめられさえすれば、それが大きな力になってくれます。

エンパグラフで、[ いま ] とかくのは、この小さな時間は、刻々と過ぎさっていく[ いま ] ではなく、味わう[ いま ] 、エンパシームに写す[ いま ]、わかちあえる[ いま ] だからです。

Inspire your micro-actions.(小さな身体所作を味わおう)


[ いま ] = [ I M A ] へ


出典『毎プラガイド』