Empathemian『You’re not alone.』

ん?どうしたんだろう?
前に並んでいた女性が、突然、泣き出しました。何かの思いが込み上げてきたのでしょう。

ある夕方の、地元スーパーのレジにて。
私の番は次。ぼんやりと、あたりを眺めていただけなので、はじめ、何が起こったのか、よくわかりませんでした。

すると、レジの女性がカウンターから出てきて、すぐさま、その中年女性をギュッと抱きしめたのです。
It’s OK. (いいのよ。)

レジの女性は、学生さんかな?と思うぐらいの若さです。娘が母親をいたわるような光景でした。ふたりが抱きあっている、ほんのひと息ぶんの時間に、私もその場の一員になったようでした。

頭の中で、時間を巻き戻します。前の女性は、レジで赤ワインを1本、差し出しました。レジの女性は、笑顔で迎え、ひと言、声をかけました。そのひと呼吸後、思いがこみ上げてきたのです。

ハグがほどけるや、女性は私の方を向き、顔の涙を手でこすりながら、半分笑顔で、こう言いました。

I’m sorry. (ごめんなさいね。)

レジの女性のことばは「今晩は、お祝いね?」だったのでは? ふと、そんな気がしました。。

It’s OK.(かまいません。)
You’re not alone.
みんな、おなじです。

亡くなったのは、身内のだれかはわかりません。いえ、事情はわかりません。ただ、察せられるのです。事情よりも、ただ、みんな、おなじだということが、じんわりと伝わってくるのです。


出典:『英プラ』 トレイル 1 (15) Come on in.