Empathemian 『En la sopa de melón』

「生ハム・メロン」とよばれる料理があります。
ほどよい大きさに切ったメロンの生ハムがのり、オリーブオイルのかかった、シンプルな料理です。

スペイン産・イベリコ豚の熟成生ハムはJamón (ハモン)、イタリア産の生ハムはprosciutto (プロシュート)と呼ばれます。生ハムにメロンをあわせるのか、メロンに生ハムを添えるのか、いずれにせよ、オリーブオイルとあわせた、3つの素材が調和して、それぞれの風味を引き立てます。

はじめて、完璧に熟れたメロンスープの中に、熟成ハモンに出逢った時のことです。衝撃的でした。

メロンスープの海に浸っている!
そういう手があったのですね。メロンというフルーツに生ハムを組み合わせる方法には、スープの中にハモンを浸すという画期的なアイディアがあったのです。

「あまりむずかしくないことが、だれにも気づかれず、気づいてみたら実に簡単なことだった」ということを「コロンブスの玉子」と表現することがありますね。素材の調和をさらに堪能するための、この方法をはじめに採用した人は、「決まった形」という「わけへだて」をなくしていたのでしょう。

「わけへだて」を忘れると「さかさま」になる。
生ハムになって、メロンの海にいるじぶんの姿!

委ねることなのですね。温泉に浸かる時、お湯に身を委ねますね。じんわりとお湯に包まれると、何とも言えないいい気分になります。それと同じように。