Empathemian, Stenvens Creek

金子みすゞ『星とたんぽぽ』より。

青いお空の そこふかく、
海の小石の そのように、
夜がくるまで しずんでる
昼のお星はめにみえぬ。
        見えぬけれども あるんだよ
        見えぬ ものでも あるんだよ。

ちって すがれた たんぽぽの
かわらのすきに だァまって、
春の くるまで かくれてる。
つよい その根は めにみえぬ
        見えぬ けれども あるんだよ、
        見えぬ ものでも あるんだよ。

* * *

見えないけれど、ちゃんとわかっている。
見えないけれど、見えている。それは。。

じぶんが空気になって、昼の星を、感じて、見ている。
じぶんが土になって、たんぽぽの根を、感じて、見ている。
じぶんが「相手の身」になる思いをすることで、見えるのです。

では、こんどは、星になってみたらどうでしょう。
たんぽぽの根に、なってみたらどうでしょう。

もうなっています。
見えないけれど、あるんだよ。

星になって、たんぽぽの根になったじぶん。
じぶんでじぶんの鏡になって、そこに、声が写っているのです。

声ことばは、相手の身になろうと想像するじぶんの響き。

くりかえし響かせると、育つタネ。


出典:金子みすゞ詩集『星とたんぽぽ』