Empathemian 『Wondrous』

私が生きている。

そして、みんなも生きている。
気がつけば、動物も、植物も、みんな共に生きている。
ふだん私たちは、そんなふうに、そういう順序で、考えますね。

金子みすゞ『蓮と鶏』より。

泥のなかから 蓮が咲く。
 それをするのは 蓮じゃない。

卵の中から 鶏が出る。
 それをするのは、鶏じゃない。

それに私は 気がついた。
 それも私の せいじゃない。

蓮の花も、卵も、とても不思議です。おなじように、じぶんという存在もまた、不思議です。私という人間が、世界のあるところに生きていて、世界を眺めたり、物事を考えているようで、実は、自然に委ねられている。自分がひとりで「気がつく」ということは、ないはずです。

ひとりの人間として、息をして、歩いて、暮らしているつもりだけれど、それは、ひとりでではなく、世界とわけへだてなくつながって、感じられている。

「私が生きている」のではない。
「じぶん」を生きている。

「じぶん」はすでに、宇宙に委ねられている。じぶんという土の上を、みちびかれて歩いているー。じぶんが相手になって、声のことばにして、想像してみるだけで、体の力がぬけて、気が休まります。

あ、それも、私のせいじゃないんですが。

You live your “Self.”

「共感を生きる」

「ねがいを生きよ」

「多くを生きるとは?」

「(これから)じぶんになる」

「心の中に生きている」

「人は希望の中に生きている」

「思い描きを生きる」

出典・参照:『金子みすず全集・蓮と鶏』

「ふしぎのおかげ」

「見えないけれど、あるんだよ。」

「じぶんを生きている」(動画)(2007年エンパシームコミュニティ創設)

「金子みすず」