Empathemian『A black moon』Sunnyvale, California

ヴィクトール・フランクルは、こう言いました。
「これは事実の報告ではない。体験記だ。内側から見た、強制収容所。壮大な地獄絵図は描かれない。 おびただしい小さな苦しみを描写しようと思う。」

「スピノザは『エチカ』の中でこう言っている。
「苦悩という情動は、それについて明晰判明に表彰したとたん、苦悩であることをやめる」

「自分の未来をもはや信じることができなかった者は、収容所内で破綻した。」

ニーチェの格言。「なぜ生きるかを知っている者は、どのような生きることにも耐える」

希いの中に、生きている。

そのことに、私たちはふだんは、気がついていないかもしれません。

ビィクトール・フランクルのつぶさな記録が証明していることは、希望があることと生きていることは同じことだということです。

収容所の過酷な境遇でも、快適で幸福な境遇でも、おなじように。

Inspire Hope. (希いに息吹を)

出典:ヴィクトール・フランクル『夜と霧』