Empathemian, Almaden Quicksilver Park, California

「人生の目的は幸福である。」 これは、Yesでしょうか、 Noでしょうか?

アリストテレスはこう言いました。

Happinessが、生きる意味であり目標であり、人間の存在理由、存在価値のすべてである。

やはりそうか、幸福であると。でも、よく見ると、「人生の目的は幸福だ」とは言っていません。
主語はHappinessです。では、Happinessって何でしょうか?

Happenということばがあります。物事が起きるという意味です。
“hap”という語幹には、起きる、そうなる、という意味がありました。
Happyも、よろこびやしあわせの心が起きること。状態を表すのです。
そのように生きることに、人間の存在の意味がある、と。

人生の目的は幸福?

このように言うと、なんだか、幸福とは獲得するもの、入手するもののようにも聞こえます。

「人生の目的は幸福である」ではない、ということを明確に説いた人がいます。

ラルフ・エマーソンは、こう言いました。

人生の目的は幸福ではない。
本当の目的は、このじぶんが人の役に立つこと、活かされることである。

人の心、敬愛に値するようになること。

人、すべての物事に、思いやりの心、慈しみ、共感の心をもてること。
生きたという実感、しっかり生きることができたという実感をもてることである。

幸福が人生の目的だと漠然と思い込んでいると、肝心な「行動」を忘れてしまい、「幸福の道」は、かえってつくりづらくなるのかもしれません。

The purpose of life is not to be happy. It is to be useful, to be honorable, to be compassionate, to have it make some difference that you have lived and lived well.

ものごとに行きづまった時、力が途切れる時。
「じぶんの人生のために」ばかりではなく、人のために、人とともに生きていることを思い出しましょう。
すると、それまで力んでいた心が楽になります。

「包む世界全体が魂」

「じぶんから友になれ」

「しあわせとは共に感じる道」

出典・参照:Ralph Emerson 『Self-Reliance』、[英プラ」 トレイル 3 (95) The only way to have a friend.

「The only way to have a friend is to be one.(ラルフ・エマーソンのことばをテーマにしています)」

Ralph Waldo Emerson