Empathemian, Limhamn, Sweden

幸せは、人生のゴールでしょうか?

なんとなく、人生のゴールは、幸せになることだ、とどこかで聞いた気もしますね。

アリストテレスは、人間の理想とすべき幸福について説きました。
それは、「善き心」という意味の、「ユーダイモニア」ということばで知られます。

しかし、そもそも、人生のゴールというものを、じぶんひとりで持てるのでしょうか?
じぶんひとりの「幸せ」は、あるのでしょうか?

やさしそうで、むずかしいこの問いに、カントは明快に、こう説きました。

道徳とは、幸せになるための教えではない。幸福にふさわしいふるまいをするための教えである。

「哲学を学ぶ」のではない。哲学することを学ぶのである。

「幸せの哲学」も、それを生きないことには意味がありません。

なるほど。でも、もうすこし、具体的な指針はないのでしょうか?
具体的に何をしたらよいのでしょうか?

カントは、このように言います。(注1)

(1)じぶんで考える

(2)相手の身になって考える

(3)このふたつを結い合わすこと

自分だけがうまくいく方法を探すのではなく、

じぶんの行動原理と、じぶんが親身に関わる世界の原理をあわせる。

善き心とは、努力によって得られる習慣だけ。

そうなんですね、幸せとは、ゴールではなくて、共に感じる営み、その道筋のことなのです。

そう思えるだけで、これまでじぶんを縛っていたものが何だったのか、すこし想像できます。

「目的は、ねがいの中にある」

「しあわせる」

「人生の目的は幸福 ではない」

出典・参照:アリストテレス『二コマコス倫理学』、Immanuel Kant 『The Foundations of the Metaphysics of Morals』(カント『道徳形而上学の基礎づけ』)

(注1) Immanuel Kant『Introduction to Logic』より、

(1) think oneself (2) put oneself in thought in the place or point of view of another (3) Think consistently

アリストテレス

イマヌエル・カント