0095-story-friend

あることばを題材にしたストーリーです。じぶんひとりで対話をするような、モノローグのスタイルで。

The only way to have a friend is to be one. 友をうる唯一の方法は、みずからが友となること。
This quote resonates with me so much. このことばは、とても胸にひびく。

The words of Ralph Emerson are simple. ラルフ・エマーソンのことばは、シンプル。
It’s straightforward. And it’s true. まっすぐな表現。そして、真実だな、と。

Everybody wishes to have… 誰だって、ほしいと願うよね。
A kind and friendly teacher. やさしくて、友だちのような先生が。

Smart students. 賢い生徒がほしい。
A husband or wife who is understanding. ものわかりのいい夫や、妻。

Passionate supporters. 熱烈な支援者。
Reliable mentors. 信頼できるメンター。

Many, many wonderful friends. すばらしい友人がたくさんほしい。
Sure. Who doesn’t? 誰だってそう思うさ。

We can go on and on like that. そんなふうに、願いばかりを言い続けられる。
But wait a minute. でもちょっと待ってくれ。

Something is missing. 何かが欠けている。
There’s one problem with these wishes. これらの願いには、ひとつ問題がある。

You’ve forgotten yourself. じぶんを忘れちゃっている。
You’ve forgotten what you must do. じぶんがすべきことを、忘れている。

It’s you who can become another person’s friend. じぶんから、他者の友になろうとすることを。
Let’s not just wish for others to be your friend. だれかが、じぶんの友になってくれるのをあてにするのではなく。

I always embrace this quote. いつも胸に抱くことば。