Empathemian, 埼玉県飯能市

虫明元さんは、こう言います。
「求められる知識が指数関数的に増加しているが、学校や社会における学びはその速度に追いつかない。我々の知識は細分化・専門化が進み、その知識は認知スキルとよばれ、教育の一番の目標になっている。時代に適応した生き方を考えなければいけない。」

虫明元さんは、3つの共感性を挙げます。

(1)感覚運動的共感性(ミラーリング、動作や表情の模倣)

(2)情動的共感性(具体的な他者の情動表現を見ただけで、よろこびや悲しみなど様々な情動に共感するしくみ)

(3)認知的共感性(他者(のそれぞれ個人)がどう考えているか(信念という)を理解する共感性

自己認識と他者認知、創造性のカギは、ぼんやりしている時に働く「基本ネットワーク」にあるそうです。
ぼんやりの中でひらめきが生まれる。ぼんやりにこそ意味がある。ぼんやりと一見休んでいると思われる時(安静時)にも脳は活発に活動している。

「ぼんやり」によって、絶え間ない外界とのやりとりから意識の持ちようを変えてみる。気づきや創造のきっかけがうまれる。上手に間をおくこと。

物に共感する

ものであれ、植物であれ、相手とふれあって、心の働きを育むことです。
日常生活の忙しい時間や仕事の真っ只中でなく、気を休めてやわらぐひと時をもつことが、備わった力を養うのです。

実は、「もの」や自然のいのちとふれあい、共感することが、人どうしの共感以前の、大きな裾野になります。

出典:虫明元『学ぶ脳』