Empathemian 『雨だれのじぶん』

『生きがいについて』の中で、神谷美恵子さんはこう語ります。

ただ、呼吸しているだけでなく、生の内容がゆたかに充実しているという感じ、これが生きがい感の重要な一面ではないか。

ルソーは『エミール』の初めのほうで言っている。

最も多く生きた人とは、生を最も多く感じた人である。

私たちは、じぶんよりもずっと大きな「自然」に包まれています。宇宙の一部です。

その自然とふれあうことで、じぶんと相手のつながりを、もっと感じられるようになります。

生きがいは、そのような小さな瞬間の中に、生まれるものなのでしょう。

多くを感じるとは、どういうことでしょうか?
こんなふうに、言えると思います。

生きているという実感の数が多いこと。

じぶんと身の周りが、共に感じられる、ひと息ごとの瞬間。
その数が、あたかも数えられるかのように、生きられたらすばらしいですね。

エンパシームは、静かに落ち着いて、小さな間(ま)をつくって、それをふりかえって感じられるようにする手助けです。
ひと息ごとの瞬間の数を、ふりかえり、なんども活かすことができるのです。

それは、共感の数。

この雨つぶのように。

Cultivate your moment.


「実感の数こそ」

「共感のまなざしがじぶんをつくる」

出典:神谷美恵子『生きがいについて』
ジャン=ジャック・ルソー『エミール、または教育について』