Empathemian 『Toni con su Calçot』

バルセロナの冬の風物詩、Calçot (カルソッツ)。
スペイン・カタルーニャ地方の郷土料理「焼きネギ」。

炭火で真っ黒に焦がした太い長ネギ。片方の手で、焦げたアツアツの外側部分をつかみ、もう片方の手で内側の芯をスルリと抜き出します。ぶらぶらするネギの下先をロメスクソースに浸し、天をあおぐようにして、口の中に差し入れます。

とろけるような甘み!ロメスクは、アーモンド、ガーリックとオリーブオイルでつくる、特製ソースです。絶妙のとりあわせ。

トニ・ブイラさんは、言います。
「上達してくるとね、指先以外は黒くならないし、その辺を散らかさないで上品に食べられるようになるよ。
ワイン?こうやって飲むんだ。みんなで回し飲みしてね。だんだん、手を離していっても大丈夫。ワインの軌道を身体で覚えるんだね。」

はじめ思い切ってやらないと、顔や体がびしょびしょに濡れちゃう。勢いがいるよ。見よう見まねでやってみること。思い切ってね。ほら、はじめて自転車に乗った時のことを思い出してさ。」

アインシュタイン博士のことば。
Anyone who has never made a mistake has never tried anything new.
(失敗したことがない人とは、何も新しいことをトライしたことのない人。)

ジャンニ・ロダリも、こう言いました。
Mistakes are necessary as useful as bread (失敗は、欠かせない日毎の糧)

すべては失敗からはじまる。


出典:『英プラ』 トレイル 1 (34) Care、トレイル2 (59) Learn (66) Happen