Empathemian, ゆき「トライ」

陶芸に勤しむユキさんから聞いた話です。

「今日、とてもいいことがありました。陶芸のスタジオで、先生からもらったアドバイズ。先生は、言い方が少しきついんですけど、本当によかった。はじめて、気がついたんです。

筒あげと呼ぶのですが、ろくろにのせた土の塊を引き上げつつ、均一な厚みを保つ作業。努力しても、完璧はむずかしい。どうしても底にある土を最大限に引きあげることができない。それで、私、そこまでできません、といったところ、先生がこう言いました。

できない?では聞くけど、ユキは壊れるまでやってみたことはあるのかい?どれぐらいの力加減でやったら壊れてしまうのか、やってみなければわからないよ。

え?! 私、10年もやっているのに、気づいていませんでした。ずっと、失敗しないように、とばかり思っていたんだと思います。失敗しないと、何が手先のコツかもわからないのに。」

すべてに通じる話ですね。
「失敗」の二文字。こどもの頃から、私たちは「間違えないように、失敗しないように」ということに、最大限の注意を払って、それを一生懸命やってきたようです。

たしかに、丁寧に、誤りのない作業をして、立派な作品をつくることは素晴らしいことですが、それもまた、実は多くの「失敗」体験によって支えられるもの。
物事は試してみなければわからない。試して、うまくいかないことは、失敗ではなく、実体験です。

その一方で、「失敗を恐れるな」という掛け声は、よく耳にすることばです。でも、すでに「失敗=怖いもの、よくないこと」だという雰囲気が漂っています。
失敗は「恐れる・恐れない」という対象ではなく、学びのいちばん大切なプロセスです。

気づかぬうちに「何も試さず、その機会を捨ててしまう」という選択肢を選んでいるのだとしたら、それこそが本当の「失敗」というべきかもしれませんね。
本当は失敗を恐れているのではなくて、失敗という「二文字」を恐れているのかもしれません。

思い切って、やってみよう。

こわれて、はじめてわかる。

Give it a try.

エンパレットの検索で「失敗」と入れてみてください。
きっと、身に覚えのある話、共感するエピソードがでてくるでしょう。
みんな、おなじなんです。

出典・参照: 『英プラ』 トレイル 1 (11) Give it a try.

Give it a try.

「ろくろ」