Empathemian『Working Together』

「ちょっと、相棒がいなくなったみたいな気分です。」

ユキさんのエピソードから。

長年愛用していたハンドミキサーが故障したんです。
20年近く、毎日、休みなく働いてくれたんですね。
それも、あんなに上手に。

たとえば、スープの味。
別のフードプロセッサーでやってみると、明らかにいままでと変わります。

きめの細かさがちがいます。
すると、香りも食感もちがいます。
味もちがうものになります。
味わい全体が、まったくちがうものになるのです。

Empathemian『Almond and Peach』

壊れて、気づくこと。
料理の味。道具の原理。手入れの大切さ。
いえ、いろいろなことにはじめて気づいた、じぶん自身の心に気づきます。

ハンドミキサーが動くのを止めて、私に語りかけてくれるようです。
いままで気にかけていなかったことが、たくさんあったね、と。

「1秒間に300回転以上するといわれても、これまではあまり実感がありませんでした。
でも、いまは、もうちがいます。
回転しているのも見えないぐらい、心棒がブレない技術の話にも実感が湧きます。
私の指を延長して、こんなに仕事をしてくれていたんだ、という思いができたから。
ぐるぐると回る心棒が、いとおしくすら、感じられます。」

機械も人間と変わりません。
私たちは、ともに、「自然の現象」を生きているのです。

We work together.(いっしょに働いている)

I am with you.(心を共に)

こわれて、はじめてわかる。

ともにはたらく

ものにささえられて

自然を活かす [テクノロジーの本質]

出典・参照:Bamix