Empathemian『たなとと共に』

哲学者・西田幾多郎の歌から。

かの椅子に よりて物かき 此床このとこ
入れて またふす 日夜夜毎にちやよごと

この椅子のおかげで物を書き、この寝床に入って寝る毎夜よ。このじぶんを、椅子が、布団が支えていてくれるー

じぶんひとりが頑張っているのではない。じぶんと共にいるものがある。

それは、エンパシー(共感)です。「相手」を感じること、ふれあっていること。共感の相手は人間に限りません。

光も水も風も、じぶんの相手になって、共にある時があります。私たちはつねに、いろいろな物事に支えられている。そのことを、ふと、思い出す時、じぶんの存在に気づくのですね。

共感は、「相手の立場を考える」のではなくて、じぶんを忘れるときに、自然にあらわれるもの。

共感の素はいくらでもあるのです。何の変哲もない、ふつうのものでよい。ふれあうことこそ。

自分が考えているんだ、自分が自分が。。というふうに、「自分」という構えを取り除くには、まず、その気分をゆるめること、和らげることです。

ものに心を寄せてみること。

お風呂のお湯につかった時。美味しい桃を頬張る時。「自分」のことなんて、忘れていますよね。それが、じぶんです。

自分から出発して考えるのではなく、相手の身のつもりになると、じぶんが浮かび上がってきます。手にふれる小さなもの、ひとつで。

いつも忘れていて、ものにふれて思い出す、じぶん。


出典:『西田幾多郎全集』