Empathemian, Villa Montalvo Trail, California

学校は「教育」の場です。先生が、生徒に教えるところ、学生を育てるところ。何を教えてもらうかといえば、物事についての知識です。やり方や名前、道具の使い方などです。

現代社会は、便利に、色々な知識を入手することができます。Google検索でも、Wikipediaでも、膨大な情報やデータにアクセスして、知識を手に入れることができます。

それでは、それらの知識を使って、どのように行動が実践できるでしょうか。そのための知識もあります。ただ、どこまでいっても、それは、ひとつひとつの知識です。

ギルバート・ライルは、そのことを、「knowing howと knowing that」ということばで表しました。
knowing that とは、知っていること。獲得、入手できる知識のこと。knowing howは、知識を自分で使えること、人のためにも活かし、行動できることです。

knowing how とは、誰かが教えてくれるものではなく、自分で習うこと、学ぶことです。じぶんが世界とのつながりを実感することです。

物事とじぶんが関わること。
物事とじぶんの行動を結びつけること。

文字通り、「じぶんの身につける」ふるまいをすることです。そのつもりになって、身体を通して、中からまわりに出すことです。
声ことばのふるまいに変えて、身の外に出力することです。

knowing that の入力にはキリがありませんが、身をもってしていないこと、じぶんとのつながりを感じられないものは、knowing thatのままです。
共感の力を引き出して、つながっている気持ちになることこそが、いちばん大切なこと。じぶんの力が引き出されることです。

英語のEducationは、「教育」と訳されてきました。教える立場にたったことばに聞こえます。が、もともと、educateの語源であるラテン語のeducareは、養う、育てる、中から引き出すという意味だと言われます。

There’s a difference between knowing the path and walking the path.

道を知っていることと、その道を歩くことは、別のこと。


出典:ギルバート・ライル『心の概念』、『英プラ』 (37) Know yourself.