Arctic, Official Movie Site

It’s okay.(だいじょうぶ)

このことば以外には、ほとんどセリフがありません。
でも、このひとことが意味深いのです。

『Arctic』という映画。
絶望の際で、生きる望みをつなぐ話です。

北極地帯に不時着したパイロット、オボァガードは、極寒の地にひとり残されました。
ある日、救助に現れたヘリコプターも、強風のため、目の前で墜落してしまいます。
命をとりとめた瀕死の女性を介抱しながら、オボァガードは助かる方法を模索します。

女性は意識不明。容態は悪化する一方です。
オボァガードは、救助を求められる地点を想定し、決死の移動を決心します。
どれだけかかるかわからない距離。
ひとりでも助かるかどうかわかりません。
でも、病人をソリにのせ、雪山を越えてゆくのです。

オボァガードに、病人を見捨てる選択肢はありませんでした。
ふたつのいのちの望みをつなぐことが、心のエネルギーだったのです。

度重なる苦難にもめげず、意識不明の瀕死の病人に声をかけてはげまします。

It’s okay.(きっと、何とかなる)

あれこれと、を考える余裕はありません。
心身ともに、エネルギーの浪費は絶対に避けなければなりません。

Less option, more chance.(選択肢を絞れば、可能性はあがる)

Less waste, more hope.(浪費を減らせば、望みはふえる)

命がけの窮地でとった選択。
それは、頭で考えたモラルではありません。
いのちのみちびく方向でした。

ブッダの説話「仏の智慧」に、こんな話があります。

川で二人の女がおぼれかかっています。
岸辺であわてる男が、そばにいた修行者にたずねます。
おぼれているのは、私の妻と母。どちらを助けるべきか。
「近い方から先に助けよ」ということば。

大切ないのちに、母も妻もない。
どちらが大切かというモラル判断など、ない。
すぐに助けるだけ。

オボァガードは、再び、救助のヘリコプターを見つけます。
でも、むこうは気づきません。
オボァガードは、力をふりしぼってソリを小山にあげます。
服を脱ぎ、棒の先にくくりつけて、火をつけ、合図を送ります。

I gave all I had.(力を出し尽した)

登場人物も、場面も、セリフも、限られた作品。
共感のもらたす、清浄感があります。

「Less is more (7)より響く音


出典:映画 『Arctic』(邦題:「残された者:北の極地」)、大和和尚『仏道にこにこ講話』

「Arctic Official Trailer」