The Beatles『Rubber Soul』

ビートルズの曲に『Norwegian Wood』という曲があります。

この曲は、はじめからおわりまで、メロディがふたつしかありません。

メインのメロディが少ないヒット曲はたくさんあります。
でもこの曲は、イントロも、間奏も、エンディングも、はじめからおわりまで、ふたつのシンプルなメロディだけ。
それが交互にくりかえされるのです。

Norwegian Woodは、「ノルウェーの森」ではなく、ノルウェーの家具です。
物語風の歌詞に挿入されたセリフです。

Isn’t it good, Norwegian wood? (ノルウェーの木材よ、素敵でしょ?)

インドの楽器シタールもおなじメロディを奏でます。
歌詞も演奏も、ふたつのメロディにあわせるだけ。
そこに、ボーカルのジョン・レノンの声が響きます。

Less melody, more impresson.(メロディを限ることで、響きが増す)

単純なメロディが繰り返されるから、響くのですか?

いえ、胸に響く歌だから、心に刻まれます。
そして、何十年も聞いて、ある日ふと、メロディがふたつしかないことに気づくのでしょう。
曲に惹かれて、そんなことにも気がつかないくらい。

「Less is more (8)勇気を生むには?


出典:Norwegian Wood (This bird has flown)The Beatles Official Artist Channel Youtube」