Empathemian『The eight little boys on the note』

小学二年生の時、私は嬉々としてピアノのレッスンに通っていました。先生が産休をとり、別の新しい先生に紹介されました。そちらに通い始めたある日のことです。部屋で先生を待つ間、私はある計画を実行しました。家のピアノでも試していたので大丈夫。成功を目に浮かべて、期待を膨らませました。

それは、ピアノの練習曲ではなく、先生を喜ばせる、あるアイディアでした。ピアノの鍵盤「ドレミファソラシド」にひとつひとつ顔をつけるのです。ある日、先生がピアノを引く時の鍵盤のあがりさがりが、ドレミファソラシドという小人に見える「ひらめき」でした。小さく丸く切り取った広告の裏紙に描いた8人の顔。鍵盤の上に並べ、そっとふたを締めます。開ける瞬間の「驚き」を想像してうれしくなりました。

さあ、先生が現れました。ふたをパッと開けた瞬間に!ひらひらと何枚かが舞い上がりました。
「なによ、これー!」

家の予行演習では、吹き飛ばなかったのです。先生の開け方で風が舞い起こり、8人は散りました。床に落ちた顔と、鍵盤上に残った顔。先生は、それらを指先でつまみ、ゴミ箱にポイと捨てました。

予想外のレッスンでした。喜ばすどころではありませんでした。現場想定ができていませんでした。前の先生だったら?もう一度トライしたい気になりました。
50年近く前のことです。ピアノのレッスンは、その後、長くは続きませんでしたが、いまでも「ピアノ」の調べが好きです。いま、あの時の8人の顔を思い出してイラストしたところ、これ、8つのエンパシームみたいではないですか。

♪ドレミファソラシド。ゆっくり[ いま ] ができる
あれは、8つの共感素をひとつに連ねて[ いま ] ができるという、インスピレーションだったんです。


出典:『毎プラガイド』