Empathemian 『紙芝居の思い出・青の洞門』

絵に描けるほど、目に焼きついているシーン。声がきこえてくるような思い出。

そう聞かれたら、何が思い浮かびますか?

私は、ある紙芝居です。

その日は、天神講の集まりでした。小学校にあがる直前の、うららかな春の日。
天神講は、天神さま、菅原道眞のおまつりです。
同じ地区のこどもが、年長の小学生の家に集り、丸一日遊んで過ごすので。10人の小さな集い。

天神さまへのごあいさつをすまして、さっそく遊びます。そのいちばんはじめが、紙芝居でした。
ひとりでトンネルを掘り続けた僧、了海の話でした。来る日も来る日も、休むことなく、危険な岩壁を、のみ一本で掘り進むのです。

もの語りにすっかり引き込まれ、じぶんも了海になっていました。

青の洞門(あおのどうもん)という話です。
小学生になって、そこは小説『恩讐の彼方に』の舞台、耶馬渓(やばけい)であることを知りました。

了海は、遠い昔、自分が起こした事件で、仇討ちに来た若者に自分を切らせる覚悟のまま、洞門が開通するまで全力で働き、そしてじぶんの命を差し出します。
了海は、二重に命をかけていだのです。
了海の心に打たれた若者は、仇討ちをやめ、了海にすがって号泣するのでした。

いまでも、紙芝居を演じてくれた、五年生のお姉さんの声が聞こえてくるようです。
そして、海の色が蘇ってくるようです。

思い出は、声でよみがえる。

声と共に、絵もよみがえる。

じぶんが、了海になったあの日。

Your voice remembers you.(声が覚えている)

「想像の冒険 [実はいつも夢を生きている]」

「水の作法 [手のかたちが覚えている]」

「時のかけら [エンパシーム原初体験]」

Your voice remembers you.(声が覚えている)

出典・参照:菊池寛『怨讐の彼方に』、坂口立考『海の宮・エッセイ 了海になった日のこと』

「恩讐(おんしゅう)の彼方(かなた)に」