Empathemian 『ぼくは矢じり』

エンパシームは、じかんの粒。そのイメージの原初体験になったのが「矢じりとり」です。

5歳の春。小高い丘陵をのぼっていくと、雑木林があり、そこは矢じりの宝庫でした。矢じりは、その辺に散らばっているものもあれば、地中に埋まっているものもあります。土を手で集め、竹のふるいにかけると、その中から小さな石のかけらが出てきます。

私の指の先でつまむような、小さなやじりがたくさん見つかりました。小さいけれど、先が鋭く尖った針のようでした。小さな動物を射止めるための矢じりだったのかもしれません。いえ、きっとこの川の渓流でハヤやアユを採っていたのでしょう。

何年かして、浄水施設の建設が始まり、急遽、遺跡の発掘が行われました。発掘作業は、あっという間におわり、「渡っぱ遺跡」と名づけられ、埋め直されました。縄文中期の集落だったそうです。

以来、矢じりとりはできなくなりました。
あれから50年たちました。もう、とっくのむかしに、カゴもショベルも、兄の素敵なコレクション箱も、ありません。
でも、克明に思い浮かべることができます。

夢中のかけら。

キラリと光る黒い石は、時のかけらでした。何千年か前にここで暮らしていた人の時のかけら。じぶんが矢じりになっていた、夢中のかけら。
そのかけらも、もうありません。でも、記憶のかけらになりました。なんどもふりかえることで、じぶんの、時のかけらになっていたのです。

不思議な、時のかけら。

小さなものは、じかんのかけらです。それらは、じぶんのかけら。


実家の物置の奥にあった箱から、一枚の写真がでてきました。あの日の写真!
こんどは、祖母の記憶のかけらが、つながってでてきました。

出典:「やじりとりにでかける日の、古い写真」

矢じりとりの日