Empathemian, Limhamn, Sweden

プラトンは、こう名づけました。

フィロ(愛する)+ ソフィア(知)= フィロソフィア(愛知)

フィロソフィアとは、知恵を愛し、求めることです。

日本では、フィロソフィアということばに「哲学」という訳語があてられました。
明治時代のはじめのこと。それは、学問としての「哲学」です。

でも、本来のフィロソフィーは、知恵を愛し、求めるプラクティス(実践)のこと。
古代ギリシャでも、エピクテトスはこのように言っています。

あなたの哲学を「説明」するな。
哲学は、説明するものではない。「実践」するものである。

「心を安らかにする哲学」は、心が安らかにならなければ、意味がありません。

それでは、その知恵はどのように求めたらよいのでしょう?

本を読むことなのでしょうか?
いいえ。。

問いをたてること。たずねることです。

何かに気づいた時。
どんなに小さいことでも、おどろいた時。
それをまず、声にしてじぶんに質問することです。

では、おどろくにはどうしたらよいのでしょうか?

人間は、いつもの光景、いつもの仕事など、すぐにものごとになれます。
なれることにより、習慣の中で生きています。
脳は負担を減らすように働いているからです。

でも、あたりまえになれると、気づかなくなるのです。
それが定着すると、無関心になってしまうのです。

おどろき、未知のことに、心のとびらをひらいておくには?

たずねることです。

What can I do? 何ができるだろう?
Can I help you? 手伝いましょう。
Why not? なぜ、やらない?

たずねるだけで、ものごとは、やさしくなります。
そのプラクティスで、世界の見え方が変わります。

Ask yourself.
声にだして、たずねてみる。


出典:『エピクテトス語録』