Empathemian『Simply Ask』

森博嗣さんは、こう言います。
「リンゴは赤いという言葉を知ると、子供はリンゴの絵を描くときに赤いクレヨンを塗るだろう。本当にそんな色なのだろうか。

どんなものにも、いろんな面がある。一方向から眺めているだけでは本質を見極めることはできない。また、見極める必要もない。観察できるものを素直に受けて止め、清濁を併せ呑んで理解すればよい。そのためには、ものごとに集中しない、拘らない、思い込まない、信じ込まない、ということが重要であり、いつもあれこれ考えを巡らす分散思考が少し役に立つ。絶対に役に立つとか、すべてこれでいける、というものではない。それでは「分散」の意味がなくなってしまう。

結論を急がず、頭をリラックスさせる時間をもつことが、まずは分散思考のための畑を耕す作業になる。
すぐに芽が出るものではない。そこはじっくりと、そしてやさしく眺めて待つしかないだろう。」

私たちは、ずいぶん小さい頃から、人に教わったことを優先してきたようです。「問題」と聞くと「答えを出さないといけない」というふうに。

関根清三さんは、こう言います。
「哲学の創始者タレスは、水だと言う。」ニーチェは、タレスの功績は、自然の原理が「水」だと答えたことではなく、この自然を自然たらしめている根拠が何か、問いを立てた点にこそ、あると言いました。」

問いを立てること。問題を考えることが、基本原理。そう、私たちの日常も、じぶんに聞くことなのです。
Am I relaxed? 身体の力を抜いた?

じぶんにたずねるだけで、物事はちがって見えてきます。

出典:森博嗣『集中力はいらない』、関根清三『倫理の探索』