Empathemian 『Amazed』

『アランブラ宮の壁の』 岸田衿子

アランブラ宮の壁の
いりくんだ つるくさのように
わたしは 迷うことが好きだ
出口から入って 入り口をさがすことも

* * * 

スペイン南部のグラナダにあるアルハンブラ宮殿。
La Alhambraとつづります。ラ・アランブラのように発音します。
アラブ語の、夕陽に映える「赤い城」という意味です。

4行の詩の情景に、私たちの日常が映っているかのようです。

迷ってはいけない。迷うことは、よくないこと。
迷わないようにしよう。迷うことなかれ。
迷わないためのスキル、迷ったときのノウハウ。

知らないうちに「迷うようなこと」をしないように、自分をしむけているのかもしれません。

入り口から入って、出口から出る。
そんなこと、考えることすらないくらい、そういうものだと、あたりまえに思っていないでしょうか?

迷わなければ、何もわからない。

そこは出口なのか、入り口なのか、迷ってはじめてわかる。
じぶんはなぜ、ここにいるのだろう。
迷ってはじめて、問いになる。

迷いなさい。それは、未知に出会うこと。

いりくんだつるくさのような、未知の世界。
迷って、さかさまに歩いて、進んでゆくうちに、かならず、何かに出会える。
すべての路は、つる草のようにつながっている。

それは、出口(問い)からはじまる、じぶんの路。

Just ask. It keeps you going.(たずねるだけで、前進。)

出典・参照:岸田衿子 詩集『あかるい日の歌』

『毎プラガイド』

Wikipedia 「アルハンブラ宮殿」