Empathemian 『Sesami seeds』

Open, Sesami.(ひらけ、ゴマ)

アラビアンナイト『アリババと40人の盗賊』の物語にでてくる「魔法のことば」として知られます。宝物を探して、このことばを唱えると「とびらが開く」。
無意味な呪のセリフが命令の合図になった、というふうに受け取られていますね。

世界諸国のことばに訳されている「ひらけ、ゴマ」。
なぜ、ゴマなの?だれに言っているの?

実は、このことばは、「ゴマ」に語りかけています。「じぶんでひらけ、じぶんで開いてね」と呼びかけているのです。

ゴマの種子は、袋(さや)の中に並んで入っています。成熟し乾燥すると、パックリとさやが開き、中から飛び出してきます。この粒がゴマです。
いわば、実の中にタネが入っている。それが、ある時、魔法のように飛び出してくる、不思議な現象です。

ひらけ、ゴマ。それは、ゴマが自然に、みずから開くところから生まれた、ひらめきのことばだったのではないでしょうか。
ことばでひらくのではなくて、ひらく不思議に、ことばが寄り添い、それをこのセリフで演じてみたところから始まった、と考えると、ひとつ気づくことがあります。

呼びかけです。声をかけること。演じるふるまいに、声をかけている。その声によって、ふるまいを引き立てるのです。声ことばは「手伝う」力。

素直に、ことばを声にするふるまい。声にして、じぶんに語りかけるフリをしているうちに、それが身についてくる。実は、「魔法のことば」があるのではなくて、ことばが「不思議」に寄りそい、力になってくれるのです。

声をかけてあげれば、じぶんでひらく。

出典:アラビアンナイト『アリババと40人の盗賊』
(注)エンパシームも似ています。じぶんでつくる「間」(ま)が実とすると、その中に種(ひと息ごとの声ことば)が入っています。