Empathemian 『落花生』

秋の味覚、落花生。ピーナッツじゃなくて、落花生。殻ごとの。獲れたて、生の落花生を茹でて食べると、味わい深いですね。

それにしても、落花生は不思議な植物です。地中にカプセルをつくって実を結ぶ花。なぜだろう?

落花生農家のおじさん曰く:
なぜって言われてもねぇ。カプセルができるから、実ができるんだ。カプセルができないと実にはならない。もしかして、あれかい?なんでわざわざカプセルを地面につくるのかっていいたいの?空中にぶらさがったカプセルができて、そこに実ができればいいんじゃないかってね。

そうじゃないんだなぁ。カプセルができることと実ができることは同じこと。土の中だからね、カプセル。空中だったらカプセルいらないだろうね。

落花生にもね、都合があるんだな。

人間の都合じゃなくてね。

私たちは、どうも「原因→結果」と「手段→目的」という、あとづけの考えに慣れすぎているのでしょう。何でもそれにあてはめるというルールに。

落花生は、そんなふうに考えていません。そのままに、カプセルと実がいっしょにできるのです。
それは、紙の表だけを切ろうとしても、裏もいっしょうに切れてしまうのと同じこと。紙の存在はひとつ、表裏は一体。

ことばの上で「表と裏」に分けているだけ。もちろん、人間の都合です。

便利なのですが、つい、肝心なことを忘れちゃってますね。いっしょだってことを。

落花生さんのおかげで、気づきました。ありがとう。

殻と実はいっしょ。人間のカラダと身もいっしょ。

中身は外身は、実はいつもいっしょ。