Empathemian,『Let’s practice』

集中している間はよいのだけれど、結果を気にするとうまくいかなる。
集中しているかどうかに意識が向くと、集中がとぎれてしまう。そういう経験がある人は多いのではないでしょうか。

トーマス・スターナーさんは言います。
どんな練習も、肝心なのはプロセス、結果ではない。結果に気が向くのは、「判断」しているから。
いい・わるいの評価を瞬時にしている。知らないうちに、ある理想の尺度にあわせている。
自分自身の「判断」が実はバリアになってしまうのだ、と。

脳は、状況を先回りして、まだ事が起きる前から「失敗しないように」という瞬時の判断ができます。それは私たちが、生まれて以来、身につけてきた力です。

一方、なぜ練習をするのかといえば、ある目標にむけて上達するためですね。「結果は気にせずに」と言われても困る。だって「目標に向かって、いい結果が出せるように頑張れ」と自分に言い聞かせているのですから。

実は、「プロセスに集中せよ、結果は忘れよ。」とは、掛け声ではなくて、パラドクス(逆説)です。「練習という矛盾を克服する」というテーマだったのです。

では、「判断することを忘れている」ような状態に近づける練習はできますか?

トーマスさんは、4つの心得をすすめます。
シンプルにする、小さくする、みじかくする、ゆっくりする。
Simple, Small, Short, Slow.

ものでも自然でも「相手」と関わり、ふれあう時、じぶんが小さくなり、わずかな時間を忘れていたりします。
それを、ゆっくりと、短い時間で、小さな単位にまとめる、簡単な方法。エンパシームは、忘れている状態にしむける「練習の克服」練習になります。でも、そんなふうに考えずに、素直に、自然に。

出典:Thomas Sterner『The Practicing Mind』