Empathemian, Fremont Older Open Space Preserve

こんなことを言った人がいます。
マークトウェイン風のことばです。

Don’t dream your life.
 (人生を夢見てはいけない)

Live your dreams.
 (希いを生きよ)

人生ということばを聞くと、じぶんが生きる以前に、漠然と「人生なるもの」があるかのような気にさせられます。でも、それは「人生」という概念上のこと。便宜的に、「人の一生」を一般化しているだけです。

いい人生、幸せな人生、成功する人生。それを「目的」にしようとしても、概念上の目的からは、何の具体的ふるまいも生まれて来ません。

だから「人生は夢見るものではないよ」と敢えて言うことには意味があります。知らず知らず鵜呑みにしていた「人生」という路線のような錯覚から、目を冷ますきっかけになるからです。

夢を生きるとは、希うことです。いえ、「希う」ふるまいを、日々つなげていくことです。

ねがいを生きる。
希うふるまいを、繰り返すこと。それが夢になります。
There is only living.(生きることだけがある)

I am life. We are life.

じぶんが生きてゆくことが、いのち。
私たちが生きてゆくことが、いのち。

それは、ねがうという、ふるまいの数で数えて、確かめられる。