Empathemian 『The Little Prince』

のびた:ねえ、ドラえもん、大切なものは目に見えないんだよ。
ド:へぇー、のびちゃん、どうしたの?
の:『星の王子さま』を読んだら、出てきたよ。

ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。
いちばんたいせつなことは、目に見えない。

ド:のびちゃんはどう思うの?
の:見えるものだけでいいじゃない。ドラえもんは?
ド:見えないものを見ようとしても、見えない。
の:じゃ、どうするの?
ド:見えるものを、見るんだよ。
の:見えるものを見る?じゃ、いつも見てるよ。
ド:のびちゃん、見えてない時があると思わない?
の:ないね。ぼくはいつもちゃんと見てるよ!
ド:じぶんの姿、見えないでしょ?
の:鏡で見るよ。
ド:鏡がなかったら?
の:顔以外は見えるからいいよ。ドラえもんは?
ド:影にも、のびちゃんの顔色にも、映っているよ。

何かに映して、間接的に、見ることができるよ。
大切なものは、直接は、目に見えない。でも、いろいろな方法があります。

見えないけれど、手でふれることができる。

見えないけれど、味わうことができる。

見えないけれど、耳で聞くことができる。

見えないけれど、体に響かすことができる。

見えないけれど、声で呼び出すことができる。

見えないけれど、心で察することができる。

見えているものの中に、宿るもの。
見えているもののまわりに、現れているもの。
心をひらいて、ゆだねて、ふれあって、よりそって。

見えるものを、しっかり見よう。

見えないけれど、心で察することができる。

「見えないけれど、あるんだよ。」

「つぶのメタファ」

「声の鏡「円符の発明」へ」

出典・参照:サン・テグジュペリ『星の王子さま』、『英プラガイド』

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ